赤ちゃんも大きなストレスをかかえます

赤ちゃんストレス

現在、日本はストレス社会といわれています。

会社や学校、家庭、生活環境など様々なところからのストレスを受け精神的にダメージを感じている人も多いのではないでしょうか。

ストレスを感じると体が弱り病気などになるのは大人だけではありません。

赤ちゃんもストレスによって体調が変化してしまうんです。
 
 
 

ストレスの原因とストレスによって起こる症状

赤ちゃんがストレスを受ける原因

赤ちゃんも大人と同様ストレスを感じるわけですが主に赤ちゃんがストレスを感じる原因としては

  • オムツが汚れているから気持ち悪い
  • 汗などをかいてしまま放置されてる
  • お母さんにだっこしてほしい
  • 母親がイライラしたりしているとそれが伝わる
  • 部屋の温度が暑すぎたり寒すぎたりとちょうどよくない
  • 寝ている状態を起こされる
  • 生活リズムが一定でなかったり引越しなどで周りがあわただしい

以上のことが日常生活の中で起こる赤ちゃんのストレスの原因となることです。

ある程度大きくなった子供や大人ならどんなことにストレスを感じているか把握できますが赤ちゃんはしゃべることができないためそれを伝えることができません。

赤ちゃんストレス

また大人はスポーツや自分の趣味に没頭する、カラオケで熱唱するなど自分自身でストレスを発散することが出来ますが赤ちゃんは自分でストレスを解消することが出来ないためどんどんストレスが溜まってしまうんです。
 
 
 

ストレスによって起こる症状

大人でもストレスをためすぎてしまうと様々な病気にかかってしまうように赤ちゃんもストレスによって様々な症状が発生します。

代表的なストレス性の症状としては

  • 全身に出来る湿疹
  • 食欲がなくなり母乳を飲まなくなる
  • ウンチが下痢になったりする
  • 血便が出る

この4つがあげられます。

湿疹などストレスだけが原因ではない場合もありますがストレスがどれだけ体に良くないものなのかというのは分かるのではないでしょうか。

ストレス赤ちゃん

正直普通に育児をしていて100%ストレスを与えずに生活をするというのは無理に近いことです。

お母さんが不安そうにしていたりイライラしているのも赤ちゃんは感じ取ってしまいますので神経質にならずに出来るだけストレスを感じさせないつもりで育てるのがいいと思います。
 
 
 

赤ちゃんのストレス解消方法

赤ちゃんは自分自身でストレスを解消することが出来ませんので親がアクションを起こす必要があります。

上記のストレスを感じる原因を治すことがまず大切です。
オムツはすぐに変えてあげたり部屋の温度を適温にしてあげたりと赤ちゃんをしっかり観察して対処することをおすすめします。
 
 
ストレスの解消方法として有効なのが赤ちゃんに触れてあげることです。

赤ちゃんストレス

赤ちゃんに話しかけたり、目を見たりしながら赤ちゃんの肌をマッサージしてあげたりすることで赤ちゃんのストレスは軽減されます。

赤ちゃんは耳も聞こえていますし目も見えます。
お母さんの声はやはり安心するものですしお母さんがリラックスして笑っているなども赤ちゃんはしっかりと感じ取っています。
 
 
ベビーオイルなどでマッサージしてもいいのですが時間があまりないときは手を握ってあげたり足をもんであげたりするだけでも効果が期待できます。
 
 
 


関連記事

Pocket