部屋の温度が肌荒れの原因になることも

赤ちゃん湿度温度
 
赤ちゃんは基本的に家の中で育てます。

特に生まれてすぐの時は外に出すことはほとんどないでしょう。

そんな赤ちゃんがずっと居る家の中なのですからしっかり室温と湿度を管理して赤ちゃんがいやすい部屋を作っていただきたいと思います。
 
 
部屋の温度や湿度によって、赤ちゃんが肌荒れをおこしたりあせもを起こしたりすることもあります。
 
 

赤ちゃんの部屋の室温は?

赤ちゃんに最適な室温は時期によって変わってきます。

基本的に夏は26℃~28℃、冬は20℃~23℃が最適な温度とさています。
 
 
赤ちゃん湿度室温
 
 

エアコンの調整はしっかり

夏はエアコンを使って部屋を冷やしていくのですが、26℃から28℃ならエアコンを付けっぱなしでいいというわけではありません。
 
 
エアコンを付けたままでは大人同様赤ちゃんの体は悪くなってしまいますので赤ちゃんの様子をみてエアコンを止めてあげる必要があります。

もちろんエアコンを使うときは赤ちゃんに直接風が当たらないようにしましょう。
  
電気代とかもありますが、赤ちゃんのことを考えるとエアコンは使ってあげたいですね。
  
 

冬は換気も大切!

赤ちゃんはすぐに体が冷えたり熱くなったりしますので親がしっかりと赤ちゃんの体調を確認しつつ温度を調節す必要があります。
 
冬は部屋がかなり寒くなる場合もありますので、暖房であたためてください。
もちろん温めすぎてしまうとあせもなんかの原因にもなりますね。 
 
 
また寒いので換気をしない家庭がありますが換気をしないとハウスダストが外に出ませんので赤ちゃんの肌荒れの原因になってしまいます。

さらに乾燥しているためハウスダスト等は舞い上がりやすいのでしっかりと換気もしてあげましょう。
 
 
 

最適な湿度?

室温というのは気にして結構エアコンを使って調整する人が多いのですが多くの人が湿度を忘れがちです。

御存知の通り、冬は湿度がさがり乾燥し夏は湿度が上がるためじめじめします。

どちらも赤ちゃんには影響があるのですが特に乾燥は気をつけなければなりません。
 
 
湿度は夏、冬とも40%~60%にするようにしましょう。

夏は冷房を使いつつ除湿もしてあげれば結構下がります。
 
 
赤ちゃん湿度室温

冬に関しては結構乾燥しますので暖房だけでは意味がありません。
出来れば加湿器を購入して赤ちゃんの肌の乾燥を防いで上げることをおすすめします。

加湿器を買うことが出来ないなら部屋にぬれたタオルなどを置いてあげると部屋の湿度を多少あげることが可能です。
 
 
赤ちゃんは肌が弱いので湿度が多く汗をいっぱいかくと汗もなどが出来てしまいますし冬の乾燥では乳児湿疹などに繋がります。
 
 
また正確な湿度や室温を量るために温度計や湿度系を購入して赤ちゃんの近くにおいてあげましょう。

 
 
 


関連記事

Pocket