赤ちゃんの首が赤くなる原因は?

赤ちゃんの首が赤くなっていしまっているのは、乾燥による湿疹もあるでしょうが、多くの場合外からの刺激によって荒れてしまっているのでしょう。

赤ちゃんの首は大人と違って、スッと伸びた首ではなくお肉によって結構埋まってしまっています。そのため、色々な肌トラブルを起こす原因になってしまうんです。
 
 
刺激となるものとしては

  • 口からあふれた母乳による湿疹
  • あせも
  • 垢などの汚れ

と言ったものがあります。
 
特に首のシワの中はこういった汚れが入り込んでいてもみのがしてしまいがち。
さらに洗う時なんかも忘れやすいんですよね。
 
 

乾燥によって肌が弱っている


上記で上げた母乳とか汚れ見たいのはいわゆる外からの刺激なんですよね。

肌はもともと外からの刺激をブロックするためのバリアがあるわけで、基本的に多少の汚れはそれでガードすることができます。

ですが、赤ちゃんというのはもともと肌が弱いというのもありますし、なにより肌が乾燥してしまうとそのバリアがしっかりと働かなくなるんです。
 
 
『肌が乾燥していること=肌を守るものがない状態』
というわけですから、きちんと保湿をして上げる必要があります。
 
 
 

首が赤いのをケアするには保湿が大事!


では赤ちゃんの赤くなってしまった首をケアする方法を紹介します!

まず大切なのは、これ以上悪化させないためにも上記で紹介した母乳とかよだれとか汗みたいな汚れを拭いて清潔にしてあげることです。
原因にもなっていますし、赤くなっているところにそれがつき続けたらどんどん悪化していきますから・・・。
 
 
そしてその後は保湿をして、乾燥のケア!お肌のバリア機能を正常にしていきましょう。

保湿をするタイミングとしては

・沐浴をした後
・汚れを拭いた後

この二つですね。
首のシワの中まで丁寧に塗ってあげてください。
 
また、病院で薬をもらっているのならば先に薬を塗ってからにしましょう。
 
 

使う保湿剤は保護ができるとGOOD!

保湿がバッチリできる保湿剤があればそれでOKです。
(保湿剤の効果にも個人差があるため効果が無いこともあります。)

あなたは普段スキンケアで使うものって自分の肌に合う物を選びましたよね?
それ同じで赤ちゃんにも肌に合うものを選んであげてください。
 

保湿効果があるというのは当然なんですが、保湿同時に外からの刺激をガードできる保護の効果があると、よだれとか母乳、汚れなどの刺激から赤ちゃんの肌を守ることができます。
 
きっちり毎日保湿して赤ちゃんの肌を守ってあげましょう。

>>赤ちゃん用保湿剤ランキングはこちら

 
 


関連記事

Pocket