新生児の顔がカサカサしてるんだけど大丈夫?

気になる新生児の顔のカサカサ

kane
 
新生児の子育てって色々と心配になることって多いです。

赤ちゃんの肌ってプニプにしていて潤っているというイメージがありますけど、実際そんなことありませんよね。
カサカサしてしまっている新生児の顔、明らかに良い状態とは思えません。
 
 
潤っているとおもっていた赤ちゃんの肌がカサカサしていたら心配になります。

もちろん肌がカサカサしているのはよくありませんし、放っておけばとびひなどになる可能性もでてきてしまうでしょう。
 
 
カサカサしている=お肌に潤いが足りていないということですから、大切なのは保湿ですね。
 
 
 

新生児の赤ちゃんの顔がカサカサするワケ

新生児というと生まれてまもないわけですが、新生児の肌というのはとっても乾燥しやすいんです。
原因としては

  • 皮膚が大人の2分の1しかない
  • 乾燥を防ぐために必要な皮脂の分泌が少ない

といったことがあげられます。
 
正直肌が乾燥しているというのは良い状態ではありません。
それは赤ちゃんに限らず大人も同じですよね。

『新生児だから保湿は必要ない』という意見もありますが、実際に肌がカサカサしてきてしまっているわけですから、そんなこと言ってられません。
 
 
ちなみに今はカサカサしているだけですが、そのうち湿疹がでてきたり
 
 
 

新生児の顔のカサカサもしっかり対策

kohosi
 
新生児の顔がカサカサしてしまっているときの対策方法ですが、乾燥の対策といえば当然保湿ですよね。

保湿をして肌に潤いを与えることでしっかりと皮膚を守ることが出来るようになります。
ちなみに、乾燥するといえば冬ですが赤ちゃんの場合は夏なども時期も保湿をしてあげてください。

大人よりも乾燥しやすいですから、大人だとそれほど乾燥に悩まない時期でもカサカサになってしまいます。
 
 

保湿をするときは優しく!

保湿するときの注意点なのですが顔というのは体のどの皮膚よりもとてもデリケートな場所です。
 
適当に強くやってしまったり爪を立てるようにしてやってしまうと簡単に傷が出来てしまいますので顔の保湿をする際は細心の注意を払って保湿をしてください。
 
手で顔を覆うように保湿剤を塗ってあげると傷つけずに保湿できます。
 
 

使う保湿剤は肌に優しいもので!

保湿剤に関してはどれでもいいわけではありません。

例えばお母さんが使っている保湿製品を使った場合、赤ちゃんの顔はカサカサどころではなく肌荒れを起こしてしまう可能性があります。
 
  
大人と赤ちゃんの肌は一緒のように見えて全然違うため、成分によっては肌荒れを起こしてしまうかもしれないんです。

デリケートな赤ちゃんの肌を守るためには、肌によくない成分が入っていない、保湿剤を使う必要があるんです。
 
   
私が実際に使ってみてよかった保湿剤はこちらで紹介しますので気になる方はチェックしてみてください。

>> 赤ちゃんを守ってくれるおすすめの保湿剤はこちら

Pocket

Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.