カサカサの乾燥は乳児湿疹の原因

乳児湿疹と乾燥

赤ちゃんの乳児時期におきる肌の湿疹はほとんどが乳児湿疹とよばれています。

赤ちゃんというとかわいい綺麗な肌を想像しますが、実際育てると想像以上に乳児湿疹にがひどく、悩まされる親がほとんどです。
 
 
乳児湿疹というと仕方がないものというイメージもありますが、乾燥によるものが結構多いんです。

もちろんそれだけじゃないんですが、きちんと把握しておけば赤ちゃんの肌をかなりキレイにできるでしょう。
 
 
 

乾燥すると乳児湿疹になる理由

赤ちゃんの肌は大人と比べ薄く、外からの影響を非常に受けやすい状態にあり、特に乾燥というのは赤ちゃんの肌に大きなダメージを与えてしまいます。
 
肌のうるおいというのは皮脂によって守られていますが、赤ちゃんの時期は皮脂をうまく出すことができないので肌のうるおいがどんどん外に逃げてしまうんです。
 
 
赤ちゃん肌荒れ

皮脂がない状態では外からのダメージを受けやなります

また、肌が乾燥していると痒くなるので無意識に肌をかいて傷つけてしまい、その部分が湿疹になる場合もあかちゃんにはあるので注意が必要です。
 
 
乳児湿疹になってしまう原因はハウスダストやかいて出来た傷からなどいくつかありますがその原因は肌が乾燥していることにあります。
 
なので乳児湿疹を防ぐには乾燥する肌を保湿で抑えて潤いを与えてあげればほとんどの乳児湿疹はよくなります。
 
 
 

乳児湿疹には保湿が大切

乳児湿疹を改善するには保湿してあげるのが一番効果的です。
 
保湿をして肌に潤いをあげることにより肌を外からのダメージから守ってくれるます。
 
 
保湿の仕方ですがより効率よく保湿するのならお風呂上りに保湿ジェルを塗ってあげるのがおすすめです。

お風呂の後というのは皮脂が落ちていて肌が乾燥しやすい状況にあるため一番保湿をしてあげなくてはいけない時なんです。
 
 
乳児湿疹と乾燥
 
 
わざわざ乳児湿疹をなおすために赤ちゃんの肌を保湿するわけですから塗ったことにより、さらに湿疹がひどくなってしまうような保湿ジェルはさけなくてはいけません。

赤ちゃんの保湿ジェルは無添加の肌に優しい製品を使ってあげましょう。

正しい保湿製品を使わないと逆に赤ちゃんの肌を傷つけてしまうことになります。
赤ちゃんの肌荒れを防ぐ保湿剤ランキングはこちら
 
 
乳児湿疹が起きているとやはり色々と心配になってしまいますがちゃんとした保湿ジェルで保湿してあげれば大抵の乳児湿疹は抑えることができます。
 
 
 


関連記事

Pocket