子育てにはいらないものが結構ある!

新生児いるもの
赤ちゃんが生まれると色々なものが必要になります。

特に初めての出産になるとオムツなどの基礎的な道具も持っていないことが多いので購入しなくてはいけません。
新生児を育てるのにいるものというのは結構あるんです。

しかし逆に新生児にいるものと思いがちだが実はいらないものもたくさんあります。
 
 
 

新生児にいるもの

新生児を育てていく上でいるものをいくつか紹介します。

またあると便利なものも記載しますので購入の参考にしてください。

  • 哺乳瓶(母乳があるならいらない)
  • 紙おむつ
  • ベビー布団
  • ベビーバス
  • 肌着や洋服
  • 赤ちゃん用の洗濯洗剤
  • 赤ちゃん用の石鹸
  • 肌の乾燥を防ぐ保湿剤
  • お尻拭きシート
  • 授乳クッション

基本的にこれらの商品はあると便利です。
 
 
新生児の場合どんどん成長していきますので体の大きさがかなりかわります。
なので紙おむつなどのような体型に依存しているものはあまり買いだめしないほうがいいでしょう。

紙おむつの場合製品によっては肌に合わず肌荒れを引き起こしてしまうこともありますので注意が必要です。

新生児いるもの
 
 
また、赤ちゃん用の洗濯洗剤や石鹸、保湿剤はぜひ用意していただきたい物です。

赤ちゃんは大人と比べ肌が弱いためすぐに肌荒れを起こしてしまいます。

洗濯物に残った残留洗剤、洗浄力が強すぎる普通の石鹸、添加物がいっぱい入っている保湿剤など大人なら問題なくても新生児には大きなダメージになってしまいます。
赤ちゃんの肌荒れを防ぐ保湿剤ランキングはこちら
 
 
 

新生児にはいらないもの

確実にいらないというわけでもありませんが早めに買わなくても問題ないものを紹介します。

  • 買いだめする紙おむつ
  • ベビーベット
  • 大量の洋服
  • 哺乳瓶(完全母乳の人)
  • ベビーカー

ベビーベットはいらないと人が非常に多いです。

ベビーベットかなり大きいため使い終わった後にすごくジャマになってしまうというデメリットもありますしなにより寝るときなどベビー用の布団で寝かせたほうが色々世話をしやすいです。

ベビーベットが必要と思う人でもベビーベットはレンタルすることが出来る製品ですのでわざわざ購入する必要はないと思います。

新生児いるもの

紙おむつはいるものなのですが一度にたくさん買いだめする必要はありません。

赤ちゃんの体のサイズはどんどんかわりますし肌にあっているかもわからないためしっかりと赤ちゃんの成長などに合わせて購入してください。

洋服などはどんどんサイズが変わってしまうために同じ時期に大量に買うというのは得策とはいえません。

またベビーカーも新生児の時に買う必要はないでしょう。
 
 
新生児の肌によって合う商品、合わない商品があります。

肌に合わない商品を使うと肌荒れなどをおこしてしまいますので肌に合っているかどうか分からない段階で大量に買うのは避けたほうがいいと思います。
 
 
 


関連記事

Pocket