突然できたできものをきちんとケア

赤ちゃんできもの

赤ちゃんの育児をしているとある日突然できものが出来ていることがあります。

毎日しっかりと赤ちゃんを見ていたりスキンケアをしているお母さんなら分かるはずです。
 
 
赤ちゃんの肌に出来てしまったできもの。
そのままにしていても大丈夫かどうか気になってしまいますよね。
 
 
 

突然の出来物には気をつけたほうがいい

赤ちゃんの体に突然できてきた出来物。

赤ちゃんの体というのは色々な体の変化がありますからどんどん出てきて結構怖いですよね。
 
全身に突然出て来る症状としては、熱があったあとに発生する突発性発疹だったり、お風呂に長く浸かりすぎて起こったりと様々です。

もちろん乳児湿疹のような症状も考えられます。
 
 

とりあえず病院で見てもらおう

できものがなぜできてしまったのかが分かれば、きちんと対処もできますし、そこまで慌てるものではありません。
 
そこまでひどくないものだったら問題無いですからね。
 
怖いのは本当によくないできものでそれを放置してしまうことです。自分自身の判断でいい悪いを判断するのは難しいですからきちんと病院で医師の人に見てもらうのがベスト。

 
いつ、どこで、その前の行動などきちんと記録しておいてお医者さんに知らせながらちゃんと見せましょう。
 
 
 

乳児湿疹の可能性も

もし現在赤ちゃんの肌に出来ているできものがニキビのようなもの場合は過剰に分泌される皮脂が原因の乳児ニキビの可能性が高いです。

乳児湿疹についての詳しいことはこちらを参考にしてください。
新生児の乳児湿疹って何?
 
 
赤ちゃんの肌を清潔にしてあげて必要ならば保湿をしっかりしてあげることでできものを抑えることができます。
 
 

保湿はとっても大事!

赤ちゃんできもの
 
 
皮脂が原因による乳児ニキビの時期でない場合は保湿が足りてない場合があります。乾燥によるできmのですね。

赤ちゃん用の肌に優しい保湿剤で肌に潤いを与えることをおすすめします。
保湿できればなんでもいいというわけでなく、赤ちゃんは肌が弱いため適当に選んだ製品をつけると逆に肌荒れをおこしてしまったりするんです。

つかうのならしっかりと保湿効果がありなおかつ肌に優しい製品をえらんでください。
赤ちゃんにおすすめの保湿製品はこちらで紹介しています
 
 
赤ちゃん自体に原因がある場合は以上の2点がほとんどですが
お母さんの母乳が原因で赤ちゃんにできものが出来ていることもあります。
 
 
 


関連記事

Pocket