全身に湿疹が出た原因と対策


 
赤ちゃんの全身にブツブツと湿疹が出てきている状態ははっきり言っていい状態とは言えません。

ママとしてもその状態を見るのは心苦しいところがありますよね。何が原因なのかについては直ぐに判断することはできませんが、きちんとケアしてあげたいところです。
 
 
残念ながら絶対に治す方法というのはありません。
赤ちゃんの体質によって効果が有る成分も変わりますし、何が原因なのかについても違いますからね。
 
 
 

原因として考えられることは?

全身に湿疹が出てきているということで、色々な原因が考えられます。『全身に湿疹が出ている!』という情報だけだと流石に判断できないので色々と可能性がある者を見てみましょう。
 
 
・水疱が出来始めている
 ⇒水ぼうそうの可能性

・発熱と同時に湿疹が
 ⇒風疹の可能性

・高熱がありそれが下がったあとに湿疹
 ⇒突発性発疹の可能性

・アレルギー性皮膚炎
 ⇒脇の下やひじうら、太ももの付け根、顔首周りに湿疹
  耳の付け根がただれて切れる
 
といったことがあります。
原因がわからなかったり、症状がおかしいようなら病院にいってしっかりと見てもらうことをおすすめします。

時期にもよりますが、風邪やインフルエンザが流行っているときは病院にもそういう患者がいっぱいきますから赤ちゃんに感染させないように注意してください。
 
 
 

乾燥による湿疹も全身にできる!

 
赤ちゃんの肌というのは、かなり乾燥に弱く大人と比べてもすぐにカサカサし湿疹を起こしてしまいます。

『赤ちゃんはいつも肌がプルプルしているから乾燥はしない。』
などと言われることもありますが、実際は全身乾燥しています。
 
 

さらに乾燥による湿疹は放置すれば悪化へ

当然乾燥によって起こってしまった湿疹というのは放置していても治りません。

むしろ湿疹がひどくなったり、赤ちゃんがかいてしまうことで肌に傷を付けてしまう可能性があります。
 
その傷から感染症等になってしまえばより大変なことになりますよね。
 
 
 

全身をしっかり保湿しましょう!

乾燥が原因ならば、しっかりと全身を保湿してあげることが重要です。
 
 
乾燥によって、肌の湿疹ができているということは、肌のバリア機能が正常に働かくななり、外からの刺激を受けているということ。
 
つまり、きちん肌に水分を与えて乾燥させないようにしてあげれば自然とバリア機能が正常にはたらいてくれるようになるわけです。
 
 

毎日こまめにぬってあげて

沐浴後だけではどうしても保湿が足りないことが多いです。
特に秋から冬にかけての乾燥シーズンは注意!

日中も適度に塗ってあげることで赤ちゃんの肌を守ることができます。
 
 
湿疹があるところに直接ぬれるかどうかは保湿剤によっても変わるので、説明書はチェックしておいてください。
 
 

赤ちゃんの肌似合った保湿剤をつかってあげましょう

保湿剤によっては、赤ちゃんの肌にあっていないため効果がなかったり逆に肌荒れの原因になっている場合があります。

今保湿剤を使っているようなら、その保湿剤は保湿効果があまりなかったり肌にあっていないのかもしれません。
   
 
肌に優しい成分はもちろんのこと、しっかり水分を肌にとどめておけるものがいいですね。

実際使ってみないとわからないところではありますが、乾燥しやすい赤ちゃんの肌を守るためには用意してほしいです。
 
 
>>ママたちに人気のベビー用保湿剤ランキングはこちら
こちらのページでおすすめの保湿剤を紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

 
 
 


関連記事

Pocket