zarahada

赤ちゃんの肌がザラザラしている状態というのはやっぱり心配。

肌は、モチッと潤っている状態がいいわけですから、今の状態のザラザラ肌はとってもかわいそうです。

とはいっても、なかなかよくならないので、ママとしても心配になっているのではないでしょうか。

ザラザラしてしまっている肌のお家でのケア方法を紹介します。
 
 
 

ザラザラは乾燥が原因です

ザラザラしている原因はズバリ『乾燥』によるものです。
 
乾燥でざらついている状態は、いいとは言えません。
肌は、乾燥するとバリア機能が正常に働かなくなります。
 
 
つまり今のあなたのお子さんのお肌は外からの刺激を受けやすい状態。
守りが弱くなっているんです。
 
 
刺激によってダメージを受ければ、ブツブツの赤くなった湿疹が体に現れ、赤ちゃんの肌は見るのが辛いほどの状態になる可能性も。

またオムツかぶれのようなかぶれも起こりやすくなります。
 
 

掻き壊しの問題

ザラザラの肌、赤ちゃんはかゆみを持っていませんか?
 
乾燥やオムツかぶれの場合、赤ちゃんがかゆみを感じることがあります。

赤ちゃんは自分の言葉で「ここがかゆい!」とは言えません。
でも伝えてくるんです。

真夜中にかゆみで泣いたり、肌の一部をひっかき過ぎて傷を作ったりして。

 
あまりに症状がひどい場合は、病院で強制的に症状を抑えるためステロイドを処方されるでしょう。
 
 
 

ザラザラ肌は保湿で守る!

ザラザラ肌の状態から赤ちゃんの肌を守るために必要なのは『保湿』です。

赤ちゃんの乾燥した肌が水分をしっかりキャッチすることで、赤ちゃんの肌は潤い、バリア機能も正常に働いてくれるようになります。 
 
 
その結果がテレビとか雑誌などでみるような、あの赤ちゃんらしいぷにぷにの透明感がある肌というわけです。
 
赤ちゃんの肌が毎日キレイだったら、毎朝赤ちゃんを見る時のあなたも気持ちも少しは楽になるはず。
 
やっぱり肌がぷにぷにのもっちりになった赤ちゃんは、今まで以上に可愛さ満点です!
 
 
保湿は毎日しないといけません。
お風呂上がりはもちろんのこと、日中にもお肌が乾燥していそうなら保湿してあげたいですね。
 
 
 

使う保湿剤には注意!

ザラザラした肌の保湿に使うための保湿剤にはご存知の通りいーーーーっぱい種類があります。

薬局だったりネットショップに行くとわかりますが、ズラッと並んでますので、どれがいいのかわからなくなりませんか?
 
 
どれでもいいというわけではありません。

あなたの赤ちゃんに合ったものを使う必要がありますし、合っていなければあまりお肌も潤いません。
また、最悪成分が原因で荒れることもあります。
 
 
保湿できないものをずーっと塗っても赤ちゃんの肌は一行にプルプルにならずザラザラのまま・・・

どこに行っても「ちゃんとケアしてあげたほうがいいよ~」とお肌のことを言われるのは辛いものがあります。

やってるのに結果が出ないからこそそういう言葉が傷つきます。
 
 
ちゃんと赤ちゃんに合うものをえらんであげてください。

>>ママに人気の赤ちゃん用保湿剤ランキングはこちら

 
 
 


関連記事

Pocket