乳児湿疹はしっかり対策しよう!

ale
 
乳児湿疹が赤ちゃんに起こっていればやはりお母さんとしてしても心配になりますよね。

赤ちゃんの時期に乳児湿疹は起こって当たり前!
という人もいますが、当然肌トラブルなわけですから良いとはいえません。

そのため乳児湿疹が起こってしまったらしっかりと対策をしなくてはいけないんです。
乳児湿疹の治し方をしっかりチェックしましょう!
 
 
 

乳児湿疹は一つじゃない!

lke
 
乳児湿疹という言葉はよく目にしますが、実は一つ症状ではありません。
乳児湿疹としてまとめられていますが大きく分けて二つの症状があり、当然原因も違えば治し方も異なります。

ですので赤ちゃんの乳児湿疹に悩む方は、赤ちゃんの症状に合わせて対策をおこないましょう。

乳児湿疹の症状
①額にニキビ状のものが出来ていたり、頭皮にかさぶた状のものが出来ている
⇒皮脂が原因の乳児湿疹はこちら

②皮膚がカサカサしていて湿疹を起こしてしまっている
⇒乾燥が原因の乳児湿疹はこちら
 
 

 

皮脂が原因の乳児湿疹の治し方

hisis
 
・おでこや眉間にニキビができている
・眉毛周辺にかさぶた状のできものができている

これらは赤ちゃんから出る皮脂が原因の乳児湿疹です。
 
赤ちゃんは生まれてから3ヶ月くらいまでたくさん皮脂をだしますからね。
それが毛穴に詰まってしまったり、こびりついてカサブタのようになっているんです。
 
 
ただこれは皮脂がたくさん出ている期間だけに起こるものです。
生後2~3ヶ月以降は皮脂がたくさん出る期間も終わりますので、これらの症状がでることはなくなるでしょう。
 
 
普段お風呂に入ったとき、赤ちゃんの顔などを洗ってあげていますか?
お風呂で皮脂を落とさない限り、皮脂による乳児湿疹は治すことができません。
 
顔ってあらっていいの?と思うかもしれませんが、赤ちゃんのためですので洗ってあげましょう。

こんな感じでシャワーで流してあげれば、楽ですし泡もしっかり落とせます。
 
 
 

乾燥が原因の乳児湿疹の治し方

kaeee
 
・肌がカサカサして湿疹ができている
・全身に湿疹が発生している
などの場合、赤ちゃんの肌が乾燥してしまっていることによって乳児湿疹が起こっています。

赤ちゃんの肌って潤ってるというイメージがありますが、実はとっても乾燥しやすいんです。
それも生まれてすぐに乾燥し始めてしまいます。

肌が乾燥すれば、肌荒れしてしまうのは大人も一緒ですよね。
 
 
ちなみに2~3ヶ月程度で発生しなくなる皮脂による乳児湿疹と違い、赤ちゃんの肌が乾燥し続ける限り症状はどんどんひどくなっていってしまいます。
 
 

保湿がもちろん大切!

もちろん乾燥してしまっているわけですから、大切なのは保湿をすることです。

お風呂上がりはもちろんですが、日中も時々保湿剤を塗ってあげたりするといい感じです。

夏も保湿剤は塗ってあげたいですし、特に乾燥シーズンとなる冬は注意しましょう。
 
 

保湿剤は何を使えばいいの?

保湿剤と言ってもなんでもいいわけではないですから、どういう保湿剤を使えばいいのかというのもママをまやませるポイント。

やっぱり大事なのは
▼肌に優しいこと
▼ちゃんと保湿効果があること
ですよね。

保湿剤のせいで逆に荒れたりしたら最悪ですから。
もちろん効果がなくても意味がありません。
  
 
では実際どういう保湿剤がいいのでしょうか?
>>赤ちゃんにおすすめの保湿剤を見る

 
 
 


関連記事

Pocket