sinpai

赤ちゃんのお腹にぶつぶつできてしまった湿疹。

バーっと広がっていると、ままとしてもあわあわと心配になってしまうところですよね。
 
やっぱりキレイなつるつるの肌にしてあげたい!
これ以上悪化してもこわいし!

と思っても原因もわからないとどうしようもないですし、これよりひどくなって赤ちゃんがより辛い事になってしまったら最悪ですからね・・・。
 
 

お腹に湿疹ができる原因

お腹に湿疹が発生するのは、いろいろな原因が考えられます。

赤ちゃんの肌はお腹を含めてそれほど強いわけではないため、色々なことが原因で肌トラブルをおこしてしまいがち。

赤ちゃんらしいといったら赤ちゃんらしいですけど、よく言われる『赤ちゃん肌』とは全然違う状態です。

現在お腹だけに湿疹が出ているのなら、考えられるのはこの四つでしょう。

▼ 乾燥によって起こる湿疹
▼ あせもによって起こる湿疹
▼ 接触性皮膚炎
▼ 虫刺され

とはいっても実際に詳しい症状などは判断しづらいものがありますから、病院で調べてもらうことをおすすめします。
 
時期によっては、風邪やインフルなどが流行ってますので、病院でもらわないようにマスク等で予防してくださいね。
 
 
 

乾燥によって起こる湿疹

kanso

赤ちゃんの肌がカサカサで弱ってる事で起こる湿疹!
可能性としてはかなり高いです!

赤ちゃんの肌はとっても乾燥しやすいというのは、ご存知だと思いますが、お腹というのは特に乾燥しやすいところなんです。

お腹だけが乾燥するわけじゃないですが、乾燥して肌が弱っていれば外からの刺激で湿疹を起こしてしまいます。
  
 
きちんと保湿をしていなかったり使っている保湿剤があまりいいもじゃないと起きやすいです。

ちゃんと保湿できていますか?
 
 

あせもによって起こる湿疹

赤ちゃんがうつ伏せの状態のまま長くいると、お腹に汗をかいてしまい、それがあせもになることがあります。
 
赤くこまかいブツブツといった感じ。
赤ちゃんも結構かゆみを感じていてかわいそうです・・・。
 
 
あせもというと夏だけのイメージがありません?

でも最近は冬にあせもで病院を受診する人が多いそうです!
それは、部屋の暖房が効かせすぎたり、寒そうだからといっぱい着せちゃうパターンが原因。
 
夏は当然として冬も注意です!
 
 
あせもが原因なら、しっかりと拭いてあげること。
これに付きます。
 
あせもがあるところがまた汗でわーっとなればどんどん悪化していきますからね・・・。
 
汗をかいたら優しく拭いてあげてください。

 

虫刺され

どの程度の症状が出ているのかわかりませんが、虫に刺された可能性もなくはありません。
(見た目湿疹なら可能性は低いですが)

蚊にちくっと刺されたり他の虫によってできたのかも?
 
 

接触性皮膚炎

何か赤ちゃんの肌に刺激となるものが触れてしまうと起こる皮膚炎です。

口周りならよだれとか食べ物とかで起こるように、お腹にも何かしらの刺激があったのかと。
 
服の素材とかは要注意ですね!
 
 
対策としては、そういう原因をとりのぞくこと!
あと患部を清潔にすることも大切です。

お腹だけでに市販薬を塗ったとかがあればその成分が反応している可能性もありますから、病院で見てもらう際はその塗ったものも持っていくとお医者さんにも伝わりやすいです。
 
 
 

その他の湿疹の可能性

『赤ちゃんのお腹に湿疹があるの!』
という情報しかないので、『確実にこれですよーー!!』とは言えません。
 
この他にももしかしたらアトピーという可能性もあるでしょうし、風邪によるウィルスで起こっている湿疹かもしれません。
 
ママとしてはとっても心配なお腹の湿疹でしょうが、病院でしっかりと見てもらってください。
 
それが一番安心できますからね。
小児科皮膚科で意見が違ったり色々と大変な思いをすることもありますけどね・・・。
 
 
 

外の世界は刺激がいっぱい。だから守ってあげる。

お母さんのお腹から生まれた赤ちゃんにとって、空気は乾燥してるわ、刺激になるものはいっぱいあるわでもう大変!
 
だからこそママがしっかりと守って上げないといけません。赤ちゃんの肌を守るための保湿。しっかりできてますか?
 
今使っている保湿剤が効果あるかどうかもやっぱり自信ありませんよね。実際高価ないのとかもありますし・・・。
 
 
もし効果がないものを使っているのなら、赤ちゃんに合う物を選んであげてください。
・・・とはいってもぶっちゃけどれがいいのか難しいですよね。薬局を始めベビー用保湿剤って色々ありますからね。
 
お腹にも使えるおすすめのベビー用保湿剤はこちらで紹介していますので、チェックしてみてください。
 
 
 


関連記事

Pocket