赤ちゃんの唇を乾燥から守る

赤ちゃん唇乾燥

冬に近づくと空気が乾燥してきますよね
空気の乾燥は当然肌などに悪い影響を及ぼしてしまいます。

 
特に肌が弱い赤ちゃんならなおさらでしょう。
赤ちゃんの唇の乾燥、気になりますよね。
 
 
唇の乾燥は放っておくと大変なことになってしまうかもしれません。
 

目次

 
 

唇の乾燥で病気に・・・

ae34
 
唇が乾燥してしまうと、唇の表面がバッキバキにひび割れてしまいます。
そしてその状態で唇を動かすとピリッと唇が裂けてしまい血が出るんです。
  
 
あなたも唇の乾燥で痛い思いをしたことはありませんか?

大人でも結構痛く感じてしまうものなので、赤ちゃんにとってはかなりの痛みに感じるでしょう。
  
 
赤ちゃんの場合、自然に切れてしまう場合だけでなく、唇がひび割れていることが気になって自分で剥いてしまう場合もありますし、何か布などに引っ掛けてしまい皮膚がはがれるということもあります。
 
 
唇が裂けた痛みが赤ちゃんを襲うのでそれだけでも心配になるでしょうが、実は問題はこれだけではありません。
 
 
 

切れたところから感染症に

 
血が出るということはつまり、唇に傷がついているということになるのですが、普通にその傷口がふさがって治ってくれればいいですが、
その傷口から細菌などが入り込み感染症になる可能性があるんです。
 
 
足の怪我などなら絆創膏で防ぐことができますが、唇に絆創膏をはるわけにもいきません。そのため細菌が入り込みやすくなってしまうんです。
 
 
たかが唇の乾燥とかんがえていませんか?
もしかしたらそれが原因でよりひどい病気になる可能性もしれません。。
 
 
 
 
 

唇の乾燥は保湿でOK!

kuritti
赤ちゃんの唇の乾燥ですが、原因が乾燥と分かっていますので対策は保湿をしてあげることだけです。
 
 
唇の乾燥対策というとリップクリームが思いつきます。
リップを使うのなら、大人用のリップではなく赤ちゃん用の物をおすすめします。
  
 
ただ、リップを使う上で注意してほしいことがあって・・・

  • ちゃんと肌にいい成分じゃないとダメ
  • リップの成分が唇に残ってしまうことが多い
  • 塗った時の摩擦で荒れることも
  • 直接使うので雑菌がたくさん繁殖する

といったことがあります。
 
乾燥は対策できたけども唇が肌荒れしている・・・では意味がありません。
リップを使って唇のケアをするにしても、こういったポイントに気を付けてケアしましょう。
 
 
唇のケアなら、舐めても大丈夫な保湿剤を使う方法もあります。

すべての保湿剤が唇につかえるわけではないのですが、成分などにこだわって作られているものなら、舐めても大丈夫というのはありますからね。
 
 
保湿剤にも色々あるのでぶっちゃけどれを使えばいいのか迷いますが、舐めても大丈夫ということを考えるとファムズベビーがおすすめ。
 

ファムズベビー

ムース状の保湿剤。
 
お肌を保湿してくれるのと同時に外の刺激から守ってくれる保護の機能もあるので、弱い赤ちゃんの肌におすすめ
 
舐めても大丈夫なのもいいところ!
 
>>ファムズベビーの詳しい情報はこちら

 
 
 


関連記事

Pocket