赤ちゃんは乾燥しやすい!

kale
 
赤ちゃんというのは、私達大人が考える以上に肌トラブルを起こしやすい時期です。
特に起こるのがやはり乾燥性湿疹ですね。
 
 
乾燥性湿疹というのはその名前の通り、乾燥が原因で起こってしまう湿疹になります。

大人の方でも、冬などになると肌荒れを起こしてしまう方も多いですよね。

大人ですら起こることなのですから子供に発生しない理由はありません。
 
 
 

乾燥性湿疹はとっても起こりやすい!

jlae
 
乾燥性湿疹は赤ちゃんにとっても身近な肌トラブルになります。

皮膚というのは潤いがあるからこそ、バリアとして外からの攻撃を防ぐことができるわけです。

ですがその潤いがないとバリアが正常に動かずに様々なダメージが皮膚を遅い湿疹等の肌トラブルがおこってしまうわけです。

しかも赤ちゃんは大人の半分しか皮膚の厚みがありません。
ということは当然蓄えることが出来る水分の量が少なくなります。
 
 
さらに本来ならば皮脂膜というもので、水分が出て行くのを防いでくれるわけなのですが、これも作られにくいんです。
 
もう明らかに乾燥しやすいということが分かりますよね。
大人だと乾燥するといえば秋冬シーズンですが、赤ちゃんにとっては夏も乾燥してしまいます。

もちろん冬ほどひどくなるというわけではないのですが、夏も気をつけなければいけません。

 
 
 

乾燥性湿疹の対策は保湿!

mair
 
乾燥性湿疹の対策ですが、やっぱり保湿です。

乾燥によって水分がうばわれてしまうことで、肌をまもることができずに乾燥性湿疹を起こってしまっているわけです。

ですから保湿をすることによって、そのバリアを正常にしてくれます。
 
 
バリアがしっかりと機能していれば、外からの刺激をしっかりとガードすることができますから乾燥性湿疹も対策することが出来るでしょう。
 
 
部屋を加湿器などを使って加湿をするというのも、方法としてはぜひ行ってほしいわけですが、やはり乾燥性湿疹を起こさないようにするためには保湿剤を使ってスキンケアしてあげることをおすすめします。
 
  

体全身を優しく保湿!

赤ちゃんの体を保湿する際には優しく保湿を行うようにしてあげてください。

赤ちゃんの肌というのはとってもデリケートですし、乾燥によって肌が弱まっていれば保湿をする際に強くこすったりするだけでもダメージになってしまいます。
 
ですので保湿剤を塗るときには優しく塗るというのを心がけるようにしましょう。
顔とかはこすらず手で覆うように塗れば傷つけずに保湿できますよ。
 
使う保湿剤についてはこちらでおススメの製品を紹介していますのでぜひチェックしてみてください。

使ってみて良かった保湿剤はこちらで紹介しています。
 
 
 


関連記事

Pocket