肌荒れの原因になる母乳を改善する方法

肌荒れの原因は母乳にある!?

肌荒れ母乳

赤ちゃんの肌荒れを見ていると原因が分からないことがありませんか。

もし保湿などを行っていない方はぜひそちらから試していただきたいと思います。
赤ちゃんの乾燥性湿疹の対策の記事を参考にしてください。
 
 
しかし保湿もしっかりやっているのに赤ちゃんの肌荒れが納まらない場合はもしかしたらお母さんの母乳が関係しているかもしれません。
 
 
 

食事で見る母乳のこと

先に結果をいってしまうと『赤ちゃんの肌荒れは母乳が原因の可能性があります』
 
 
赤ちゃんが栄養を得る方法はお母さんの母乳、もしくは粉ミルクです。

お母さんが授乳中にアルコールを飲んだりタバコを吸ったりするとその成分が赤ちゃんにいってしまうから妊娠中、授乳中は飲酒、喫煙を避けたほうがいいというのは昔から言われていますよね。

肌荒れ母乳

この考えはとても正しく、親が摂取したものは母乳を介し赤ちゃんに受け継がれます。

そのため良くない物ばっかり食べて質の悪い母乳を作ってしまっている母親は確実に赤ちゃんの肌荒れの原因を作ってしまっています。
 
 
 

質のいい母乳と悪い母乳

赤ちゃんの肌荒れの原因となる質の悪い母乳は母親の食生活から作られます。
脂肪分や糖分、たんぱく質が多くなると質が悪い母乳となってしまうのです。

ではどんなものがダメなのかいくつか例を挙げますのでぜひ今後の参考にしてください。
 

悪い母乳を作る食べ物

  • お菓子類『糖分や塩分、油脂を含んでいるため』
  • インスタントラーメン等『添加物が多量に入ってるため』
  • 揚げ物やカレー、中華料理などカロリーが高いもの『油が多く含まれているため』
  • 牛肉などの脂身が多い肉類
  • 糖分や添加物が多い飲み物
  • アルコールやカフェイン
  • 牛乳やチーズなどの乳製品
  • 小麦、大豆

以上のものは母乳で育てる場合は摂取しないようにしたほうがいいです。

出産後ということで好きなものを食べていいと思ってストレス発散とばかりに色々食べてしまう人が居ますが赤ちゃんには確実に悪影響をあたえています。
 
 
病院などにいくと牛乳などの乳製品をとった方がいいといわれることも多いですが実は乳製品や小麦、大豆などを取ると母乳の中のたんぱく質が多くなってしまい赤ちゃんが消化しにくい母乳になってしまいます。
 
 
 

質のいい母乳を作る食事とは

では逆に質のいい母乳を作る食事とはどんなものかを紹介します。

質のいい母乳を作る食事は私達の生活になじみの深い『和食』です。

肌荒れ母乳

白身魚や野菜、ご飯などが中心となっている和食は質のいい母乳を作る上で最適とされています。

ちなみに味噌や醤油の原材料名にアルコールと書いてるものは避けてください。
 
 
塩も自然塩ならいいですが塩化ナトリウムと書いてあったら赤ちゃんの肌に悪影響をあたえてしまいますので注意が必要です。
 
赤ちゃんに悪影響になる食事をして出来た母乳を与えることは赤ちゃんの肌荒れを起こす原因になります。
 
 
肌荒れ程度ですめばいいですがアトピーになる可能性も十分にありますのでしっかりと質のいい母乳をつくってください。

おすすめ記事:赤ちゃんに保湿は必要?
 

Pocket

Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.