服の洗い方で肌荒れが!

赤ちゃん服洗い方

よだれやお母さんの母乳などですぐに汚れてしまう赤ちゃんのベビー服。
そのベビー服はどうやってあらっていますか?

正しい洗い方で洗わないと赤ちゃんの肌荒れを引き起こす原因になってしまいます。
 
  
 

湿疹と残留洗剤の関係

赤ちゃんの着る服を正しい洗い方で洗わないと乳児湿疹や肌荒れを引き起こしてしまう原因になります。

その理由は洗ったときに服に付着する残留洗剤が原因です。

洗剤には汚れを落とすために界面活性剤とよばれる成分が入っており服を洗濯したときに汚れが落ちるのはこの成分のおかげです。

しかしこの界面活性剤は肌が弱い赤ちゃんには刺激が強すぎるんです。
 
 
衣服を洗濯機で洗うと濯ぎがありますのである程度の洗剤は洗い流されます。

しかし普通にすすいだとしても服には多少洗剤がのこっているんです。

これを残留洗剤といいます。
 

赤ちゃん洗濯

この残留洗剤が赤ちゃんの肌にダメージを与え乳児湿疹などがおきてしまうんです。
 
 
 

赤ちゃんの服の洗い方

赤ちゃんの服を洗う際についてなのですが、確かに残留洗剤が心配になります。

そのため多くの人は赤ちゃんとの洗濯を分けて洗っているという方も多いでしょうが、実際は分けて洗う必要はありません。

ですが、いくつか気をつけてほしいポイントがあります。
 
 

残留洗剤の減らし方

洗濯をするときには洗剤の量を減らし濯ぎの時間を増やしましょう。

理由は書かなくても分かると思いますが洗剤の量を減らすことにより残留洗剤そもそもの量を減らすことが出来ますし濯ぎの時間を増やすことによって洗剤が残りにくくなります。

赤ちゃん服
 
 
洗剤も肌にやさしい赤ちゃん用の洗剤が販売されていますのでお金に余裕があるのならそちらのほうが好ましいです。
 
 
 

すごい神経質になる必要もない

残留洗剤が残らないようにすることは大切です。

しかしすごい神経質になってまでやることではありません。
絶対に赤ちゃんに残留洗剤がふれないようにしなくてはと思って過剰になって濯いだりしても残ってしまう場合もあるんです。

なのでそこまで神経質に何が何でもという感じではなくある程度落とせればいい位の気持ちで大丈夫です。

赤ちゃんの中には最初から大人と一緒の洗濯でも大丈夫な子がいます。
結局のところ残留洗剤が平気かどうかはその赤ちゃんの肌の強さによるんです。

赤ちゃんの肌が弱いようでしたら残留洗剤が残らないように洗濯してあげましょう。
 
 
 


関連記事 

Pocket