赤ちゃんの頬が肌荒れを起こす訳

hohoho

赤ちゃんの頬はぷにぷにしていていつでも触りたくなるくらいです。

しかし愛らしい分肌荒れも目立ちます。
 
 
顔の皮膚は体よりも弱いので肌荒れを起こしていると心配になってしまいますよね。
 
ですがしっかりとケアをすれば赤ちゃんの頬の肌荒れは治せます。
 
 
 

頬の湿疹原因は色々!

赤ちゃんの頬が肌荒れを起こしてしまう原因として考えられるものはいくつかあります。
 

  • 肌の乾燥
  • 石鹸の洗い残し
  • 洗うときに肌に傷が・・・

どれか一つが原因となっているかもしれませんし、複数の原因が一緒に起こっている可能性もあります。

頬の肌荒れは顔ということもあり結構目立ちますし、何よりそれを毎日見ているとかわいそうで、今すぐにどうにかしてあげたいという気持ちが大きくなりますよね。

正直できれば変わってあげたいほどです・・・。
 
 
 

頬の肌荒れはどうやってケアできる?

hodu
 
あなたのお子さんを私は実際に見ていないので、どれが原因なのかわかりません。

なのでそれぞれの対策方法について紹介しておきます。
とはいっても、それぞれ普段から行ってほしいことなので、それぞれ行ってほしいです。
 
可能性として一番多いのは、『乾燥による湿疹』でしょうね。
 
 
 

肌が乾燥している

頬が乾燥するのはかなりあることです。

赤ちゃんの頬ってあまり皮脂がでないのでとっても乾燥しやすいところでもあります。
しかも布団とかでもこすれますからダメージは発生しやすいですね。

詳しいケア方法とかはこちらのページで紹介しています。
>>赤ちゃんのほっぺのかさかさを対策する方法
 
dk
 
頬の肌荒れの可能性はかなり高いですし、意外と使っている保湿剤のせいで荒れてしまったなんてこともありますから、この辺はきちんとしたほうがいいかと思います。
 
乾燥すると頬だけじゃなくてそのほかの場所も肌荒れしてしまいますからね。
 
 

石鹸の洗い残し

石鹸などに含まれている界面活性剤などは汚れを落とす働きをしてくれますが肌をまもってくれる皮脂を落としてしまいますし肌に残っているとダメージを与えてしまいます。
 
 
目や鼻、口などがあるから気をつけるのも大切ですが、頬についてしまった洗剤はしっかりおとしておかないと肌荒れを酷くさせる原因になるようです。
 
石鹸は赤ちゃん用の物を使うと泡切れもいいですし、お肌にも優しいのでおすすめです。

 
 

洗うときに肌に傷が・・・

洗うときにタオルとかでゴシゴシ洗ってしまってませんか?

赤ちゃんの肌ってとっても弱いので、頬をあらうときは素手で優しく洗ってあげる必要があります。
もちろん頬だけでなく体全身ですけど・・・。
 
 
あと、保湿剤を塗るときですがこするようにすると肌へのダメージになってしまうので、手で頬をつつみこむように塗るのもポイントです。
 
 
 


関連記事

Pocket