新生児期の肌荒れは何が原因?

kd
 
生まれたばかりの新生児、可愛い時期ですがやはり心配はつきものです。

新生児の時でも肌のケアをしていないとすぐに肌荒れがおこってしまいます。
 
 
初めての赤ちゃんだとより肌荒れが気になると思いますがしっかりと対策をしてあげれば赤ちゃんの肌荒れは抑えることが可能です。
 
ちなみに生まれてすぐから、保湿をしはじめるとその後のアトピー発症率もさげることができます。
 
 

新生児時期は皮脂に注意!

新生児というのはホルモンの関係からとても皮脂が分泌されやすい時期です。

この皮脂が多く分泌される時期は生まれてから長くても半年くらいまで続き、次第にホルモンバランスが正常にもどり皮脂があまり分泌されなくなります。
 
 
生まれてすぐの新生児の時の肌荒れというのは、色々な原因がありますが、皮脂によって起こる脂漏性湿疹や新生児ニキビはかなり身近な肌トラブルです。
 
故意に赤ちゃんが出しているものではないので強制的に止めるということはできませんが、普段からきちんと洗うなどして余分な皮脂は落としておきたいところです。
 
 
 

新生児のカサカサ乾燥はかなり問題!

kanka
 
新生児期の肌荒れに関してはいろいろなサイトなどで『保湿は必要ない』と書かれることが結構あるのですが実はそうではありません。
 
 
確かに皮脂が多く分泌される時期ですのでいらないという意見も分かります。

しかし皮脂を落とすために沐浴時に石鹸などで丁寧に洗っている体を守るための皮脂などが落ちてしまい乾燥しやすくなってしまいます。
  
ore
  
 

乾燥はきちんと保湿をしてうるおいを!

乾燥は新生児の肌荒れを進行させてしまいますのでしっかりと肌に優しい保湿クリームで潤いを与えましょう。

ちなみに乾燥くらいとおもっている方も多いかもしれませんが、乾燥することによりあかちゃんが肌にかゆみを感じれば当然肌をかきむしります。

ただかくだけならいいのですが、時には出血するくらいかいてしまうこともあるんです。
 
 
傷口から菌が入ってしまうこともありますし、傷が将来ずっと残ってしまうこともあります。

新生児の赤ちゃんの将来を守る意味でも保湿は重要です。

赤ちゃんの肌荒れを防ぐ保湿剤ランキングで紹介していますので、これを使ってしっかりと子供を守ってあげましょう。
 
 
 

その後のためにも

新生児期以降、皮脂が多く分泌される時期が終わってからは今の時期以上に保湿をしなくてはいけなくなります。

新生児はまだまだ肌が乾燥しにくい時期ですのでこれからいやというほど保湿の大切さが分かるでしょう。
 
 
赤ちゃんの肌荒れに大切なのは潤いです。
新生児のうちからしっかりと保湿してあげてください。
 
 
 


関連記事

Pocket