赤ちゃんのあごにぶつぶつが!正しいケア方法はこちら

あごのぶつぶつがかわいそう・・・

l

あごのぶつぶつといっても原因はいろいろあります。

白っぽいニキビみたいな場合
赤いぼつぼつの場合

あなたのお子さんはどっちのボツボツがアゴにできていますか?
ちなみに両方だったりもしますね。

それぞれ発生する原因はことなります。
ただ対策方法に関してはそれほど違いはありません。
 
 
ブツブツができて心配だと思いますが、きちんとケアしてあげればよくなりますから正しい方法で対策してあげましょう。
 
 
 

赤いぼつぼつの場合

赤いボツボツが発生している原因はずばり『乾燥』です。

赤ちゃんの顔は乾燥しやすいですから当然アゴも乾燥してしまいます。

赤ちゃんのアゴを触ってみてプルっと潤っていますか?
結構カサカサしていると思います。
 
kan
 
 
乾燥してぶつぶつができているということは肌が弱っている状態ということですので、今はぶつぶつだけですがこれからどんどん悪化していきます。

対策方法は『保湿』ですね。
赤ちゃんのアゴに保湿剤を塗ってあげるだけでボツボツをケアすることができます。
 
 
塗ってすぐに良くなるというわけではありませんが、少しずつ良くなっていきますのでしっかり毎日保湿剤を塗ってあげましょう。

⇒赤ちゃんにおすすめの保湿剤をチェックする
 
 
 

アゴの白いニキビはどうすればいいの?

ara

白っぽいニキビ見たいのができているという場合ですが、これの原因は赤ちゃんの顔の『皮脂』です。

ニキビみたいと書きましたが、実際ニキビなんです。
ニキビは皮脂がつまることによって発生するので、赤ちゃんの顔の皮脂が過剰に出ているということなのでしょう。
 
 
対策としては『皮脂をしっかり洗い流すこと』です。
お風呂で石鹸を使ってあらいましょう。
できる限り優しく洗ってあげるのがポイントですね。
 
またお風呂上りには保湿剤をぬってあげてください。
洗ったことで潤いに必要なものも一緒に落ちてしまっているでしょうから保湿をすることでばっちりスキンケアができます。
 
 
ちなみに赤ちゃんを洗うときは、ナイロンタオルはもちろんNG!
まあガーゼを使う人も多いですが、おすすめは『あなたの手』です。

手で洗ってあげるのが一番刺激が少なく洗えます。 
 
 

結局どうしたらいいの?

症状的によくわからないという人はとりあえず・・

1、お風呂で赤ちゃんのアゴまで石鹸を使って洗う
2、保湿をしっかりする

ということをすればアゴのぶつぶつのケアできるはずです。
 
ただこれらの対策をしているのに症状がどんどん悪化していってしまう場合は何か他の原因が考えられますので病院でみてもらってください。
>>使う保湿剤はこちらの製品がおすすめです

Pocket

Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.