生後二ヶ月の肌荒れは何が原因?

2kagetuno

生後二ヶ月ぐらいになると、いろいろと赤ちゃんの肌に問題が出てきてしまいます。

ママとしても心配事が増えてしまって辛いですよね。
自分自身の肌荒れだったら何となく何が原因なのかとかわかるからいいですが、赤ちゃんのこととなるとどういうのが原因で起きているのかもわかりません。
 
 
生後二ヶ月の赤ちゃんに起こる肌荒れは、いろいろと原因があります。

一番大きいのは乳児湿疹というか、乾燥によって起こってしまう湿疹なんですけどね。

肌荒れを放置すると跡が残ることは少ないですが、症状がひどくなって感染症になったりすることもあるのでしっかりとケアしてあげたいです。
  
 
 

湿疹が起きてしまった原因はコレかも!

乾燥によるもの

butukasa

私自身今現在あなたのお子さんを見ていないので、どういう状態なのかというのはわかりませんが、可能性としては『乾燥』していることによって肌荒れが起こってしまった可能性が大きいでしょう。

2ヶ月というのは、とっても肌が弱い時期ですから、すぐ乾燥してしまいます。

ブツブツと赤い湿疹が出たり、カサカサしてくるのが特徴ですね。
また症状としては頬や口周り、体なんかに出やすいです。

乾燥から起きる肌荒れは、あなたも体験したことがあるんじゃないでしょうか。 
 
 

そのほかの可能性

以上の3つが可能性として大きい肌荒れの原因です。

それ以外にもいくつか考えられるのがあって、
▼ママの食べ物の影響で母乳の質が悪い
▼何か刺激になるものが赤ちゃんの肌に触れている
▼飲み薬などの影響
▼アトピー

などが考えられます。
『乾燥による肌荒れ』のケアが効果なかったときなんかはこちらの原因についてもかんがえてみてください。
  
 
 
 

赤ちゃんに起こった湿疹どうやってケアする?

kan
 
基本的に多いのが、乾燥による湿疹なわけです。

なので、保湿はかなり大切ですし毎日行わなければいけないことです。
ちなみに使う保湿剤も赤ちゃんに合ったものじゃないといけません。
 
 
アトピーも肌が乾燥することで症状が起こったりしますから、きちんと保湿してあげる必要があります。

生後すぐに保湿をするとその後のアトピーの発症率が3割も減るという研究結果もあるくらいですからね。
 
 

保湿剤選びはかなり大事!

hositu

赤ちゃんの保湿ができればなんでもいいと適当な商品をドラッグストアで買ってきたり自分が使っている保湿剤をそのまま使うのは赤ちゃんの肌荒れをひどくしてしまう原因になります。
 
 
生後2ヶ月ぐらいの赤ちゃんは肌のバリアがなくなってからすぐですので肌が非常に弱い状態にあります。
 
肌に悪い製品では余計にあかちゃんの肌を悪くさせてしまいます。
肌荒れを起こし、ただではすまない自体になることもあります。
 
 
ちゃんとした製品で保湿をしておけばよかったとおもってもその時にはすでにおそいんです。
 
実際に私が使ってみていいなとおもった保湿剤をこちらのページで紹介しています。
>>赤ちゃんをしっかり保湿してくれるおすすめ保湿剤ランキングはこちら 

 
 
 


関連記事

Pocket