赤ちゃんお風呂温度
みなさんは赤ちゃんをお風呂に入れるとき何度に設定していますか?
 
大人の場合38度~40℃くらいで入っている人が多いそうですが肌の弱い赤ちゃんのお風呂の温度は何度がいいのでしょうか。
 
 
 

40℃ではダメ!お風呂の温度

赤ちゃんのお風呂の温度を検索してみると『赤ちゃんのお風呂の温度は40℃がいい!』とかかれているサイトが多いです。

理由としては赤ちゃんが気持ちよさそうにしているから。
 
多くのサイトでおすすめされているこの40℃は実は赤ちゃんにはよくありません。赤ちゃんをお風呂に入れるときの温度はそれより4℃も低い36℃が適温です。
 
 
 

なんで40℃じゃだめなの?

大人の人にとって40℃くらいはちょうどよく1日の疲れが取れるくらいに気持ちいい温度ですよね。
 
しかし赤ちゃんにとって40℃というのは熱すぎるんです。

40℃という暑いお湯は赤ちゃんの体力を奪ってしまう可能性があります。
気持ちよさそうにしているというのもすでにグッタリしているからかもしれません。
 
また発汗を促すため水分がなくなり脱水症状や乾燥などに結びつく可能性もあります。
 
 
赤ちゃんお風呂温度
 
36℃というのは大人にとっては結構ぬるく感じてしまうとおもいますが赤ちゃんにとってはかなり気持ちいい温度です。
 
赤ちゃんは大人と比べ体の構造がまだしっかりと出来ていないため大人にいいことでも逆効果になってしまうことがあるんです。
 
今まで40℃で入浴させていた人はぜひ36℃で入浴させてあげてください。
 
 
 

長湯も避ける

40℃で長湯なんてもってのほかですが36℃でもあまり長湯はしないようにしましょう。

長湯は赤ちゃんの体温を奪うだけです。

赤ちゃんの洗い方の手順の赤ちゃんをお風呂に入れてから出すまでを5分くらいに収めてあげるのが最適です。

大人は長く入る場合が多いですが赤ちゃんは36℃で短くお風呂に入れてあげるのが大切です。
  
 
 


関連記事

Pocket