赤ちゃんお風呂入れ方

赤ちゃんにも大人同様汚れを落とすのにお風呂に入る必要があります。
 
しかしもちろんのこと赤ちゃんは一人でお風呂に入ることは出来ませんし体を洗うことすら出来ません。 
お父さん、お母さんがちゃんと責任をもって洗ってあげなくてはいけないのです。
 
赤ちゃんは体がとってもデリケートなので、負担をかけない洗い方でお風呂に入れてあげましょう。
 
 

赤ちゃん入浴手順

赤ちゃんは大人とは体の出来が違うため入浴にもいくつかの手順があります。
 
あまり気にせずお風呂に入れていたという方は今日からのお風呂の参考にしてください。

 
 

1、36℃くらいのお湯をはる

ベビーバスに36℃くらいのお湯を張りましょう。
 
色々なサイトでは赤ちゃんが暖まれるように40℃といわれていますが36℃くらいのぬるま湯で赤ちゃんは問題ありません。
 
お湯の温度が高いと赤ちゃんが肌の痒みを感じてしまい肌をかいてしまいますので36℃くらいで。
 
このときにお風呂から上がったらすぐに体を拭けるようにタオルなどを準備しておいてください。

 
 
 

2、お風呂に入れる

赤ちゃんをタオル一枚、もしくは肌着一枚の状態でにしてベビーバスに入れてあげます。
 
水が苦手な子の場合泣いたり、入りたくない!と動く場合もありますので落とさないように注意が必要です。
しっかりとと頭とお尻を持って入浴させてあげましょう。
 
 
 

3、体を洗う

体を洗うときのポイントは絶対に強くこすらないことです。
赤ちゃんの肌は弱いですので簡単にきづ突いてしまいます。
 
まず顔からガーゼを使ってあらってあげましょう。
 
顔⇒髪⇒首⇒胸⇒腕⇒お腹⇒股間⇒足という風にどんどん上から下がってくる感じであらってください。
 
体を洗うときに石鹸などを結構使う人が居ますが、使う製品には注意が必要です。
 
大人用の石鹸等をそのまま使ってしまうと肌がデリケートな赤ちゃんには負担になり肌荒れ等の原因になるので赤ちゃんにつかうボディーソープは肌に優しいものを使いましょう。
おすすめのボディーソープ、石鹸はこちらで紹介しているので参考にしてください。
赤ちゃんにおすすめのボディーソープはこちら 
 
 
また赤ちゃんの首のシワの部分は汚れがたまりやすいポイントですのでしっかり洗ってあげてください。

 
 
 

4、体を拭いて保湿

赤ちゃんの体にかけ湯をして石鹸等を落としてあげたら湯冷めしないうちに体をタオルでふいてあげます。
やさしく肌を傷つけないように洗ってあげてください。
 
拭き終わったら保湿剤で保湿してあげます。
赤ちゃんの肌は乾燥しやすいので保湿剤は必ず必要です。

赤ちゃん保湿いつから

 
保湿剤には肌にやさしい成分をえらんであげてください。
しっかり保湿をしてあげないと赤ちゃんの肌は乾燥して、湿疹や肌荒れの原因になります。
おすすめの保湿剤はこちらで紹介しているので参考にしてください。
 
肌の保湿はお風呂上りにすぐにしてあげるようにしてください。
色々とやることがあって大変ですがあと少しで終わりです
 
保湿が終わったら服を着せてあげましょう。

 
 
 

5、鼻周りの手入れ

鼻や耳などは汚れがたまりますが指では洗えないところですので綿棒などで汚れを取ってあげます。
 
ベビーオイルを付けて取ってあげるのが赤ちゃんにも負担がないとり方でしょう。
 

 
 
以上が赤ちゃんのお風呂の入れ方です。
赤ちゃんのお風呂への入れ方は人によって違います。
 
さらに言えば医者によっても違いますので困るお母さんも多いと思います。
 
ここで紹介した方法は出来るだけ肌荒れを起こさないようにした洗い方ですので肌荒れに悩んでいる人はためしてみてください。
 
 
 


関連記事

Pocket