hada

赤ちゃんの口周りがぶつぶつとした湿疹やバーッと赤くなってしまっていると結構心配になりますよね。

赤ちゃんは大人みたいに口をうまく使えないので、色々口からどばーっとこぼしてしまいます。
 
 
口周りに肌トラブルが起こってしまうのは、そういった口からこぼれてしまったものが肌を刺激してしまっているからです。

よだれなんかは特によく口からダーッと出てますよね。
 
 
 

口の湿疹は清潔にして保湿でOK!

湿疹はよだれや母乳などが原因

この湿疹の原因となっているのは、
・よだれ
・母乳
・離乳食(月年齢によっては)
などが原因となっていますね。

こういう何かのものが原因となって発生する湿疹を正式には『接触性皮膚炎(せっしょくせいひふえん)』とも言ったりするのですが、まあ結構起きやすいトラブルですね。
 
 
今回お子さんに出ているのは、口周りだけなんですが、例えば花粉とか消毒液なんかで口以外にも発生してしまいます。
 
ちなみに上にあげた湿疹の原因(よだれ、母乳、離乳食)の中で思い当たり湿疹はありますか?
もしあるならば、それをしっかり覚えておいて今後そうならないようにする必要があります。
 
 

汚れを拭く時の方法が原因かも

よだれとか母乳が口からこぼれたとき、当然あなたもそのまま放置というのはしていないと思います。

まあ自分の肌を拭くようにスッスッと拭いていると思いますが、この時布で拭いたことによって口周りの皮膚が傷ついてしまうことがあるんです。
 
 
もちろんあとで紹介しますが拭くことも大切。
ですが、拭き方とかがよくないとせっかく湿疹が起きないように拭いているのに逆効果ということもあるので注意してください。
 
 
 

保湿クリームで肌を守る

口周りの湿疹を治す方法としは、
『清潔にすること』
『保湿クリームで保護すること』
が大切になります。
 
もちろん湿疹を起こさないように予防することにもつながります。
 
正直よだれや母乳が赤ちゃんの口周りに触れないようにするのは無理です。
なので、それがついてしまった後のケアが大切になります。
 

すでに湿疹が出ているところも、キレイに拭いて保湿クリームを塗って保護してあげましょう。
 
 

こすらず優しく拭いてあげて!

大事なのはよだれや母乳を拭くとき。
先ほども書きましたが、拭き方によってはより症状がひどくなってしまったりします。

拭き方としては、こすらないことが大事です。

濡れたガーゼや手口拭きなどで、ポンポンとパフをつけるように汚れを取っていってください。
 
 
個人的にはガーゼよりも手口拭きの方がおすすめです。
お金はかかっちゃいますけど、そっちのほうがいいかと。

薬局でも購入できますし、ネットでも買えますのでもし持ってないようならチェックしてみてください。
(Amazonでは、1200枚で2000円ほど)
 
 
 

保湿クリームは口に入っても大丈夫なものを!

hositu

拭いて汚れを取ったらそのあとはきちんと保湿をしてあげてください。

保湿をすることによって、赤ちゃんの肌のバリア機能を正常にすることができます。

よだれや母乳などで湿疹を起こしてしまっているということは、それだけ赤ちゃんの口周りの肌のバリアが弱まっているということでもあるんですね。
 
kan
 
そのため保湿をするということは必要不可欠です。

口周りを保湿をするタイミングとしては
・授乳前
・授乳後
・日中時々
といわれています。

もちろん沐浴後の体全身を保湿するときにも口周りに塗ってあげましょう。
 
 
保湿クリームについては、口周りに塗るので口の中に入っても大丈夫なものを選んでください。

私のおすすめはこちらのページで紹介しています。
>>赤ちゃんにおすすめの保湿剤を見る
 
 
よだれとか母乳なんかをしっかりと防ぐとなると、通常の保湿クリームよりファムズベビーのようなしっかりとバリアを張ってくれるものの方がいいですね。
 
 
 

関連記事

赤ちゃんの肌にワセリンがよくないといわれる3つのワケ
赤ちゃんにおすすめのボディーソープはこちら
赤ちゃんのお腹に湿疹ができた時の原因と対策

Pocket