siwaaka

赤ちゃんのかわいらしいポイントでもあるんですが、体のいたるところに大きなくびれがあります。

首や手足というのは、一番目立つところですよね。

そのくびれに湿疹ができている場合ですが、これはあせもが原因かもしれません。
もちろん絶対あせもというわけではありませんが、あせもは赤ちゃんにとって起こりやすい肌トラブルですからね。

軽度のものなら普通に自宅でのケアでも十分治せますが、かなりひどくなってしまったら病院で見てもらうことをおすすめします。
 
 
 

手足のくびれは汗が貯まりやすい!

あせもは汗腺がふさがれて起きる炎症!

あせもというのは皮膚にある汗腺が汗や垢でふさがれることによって起こります。

汗腺がふさがると、その後炎症をおこしていってしまいあせもとなるんです。
 
   
手足のくびれというのは、お肉とお肉が接していて外に体温を逃しにくくなっているので、汗をかいてしまいます。

しかも顔とかにかく汗と違って、見えにくいところですからそのまま放置しちゃいやすいんですよ。
 
 
赤ちゃんはもともと体温が高いですし、手足のくびれ以外にもあせもができるくらいですからね・・・。
 
  
 

こまめに拭いてケア!

汗や汚れが毛穴に詰まってしまうことによって、あせもが発生してしまうわけですから、清潔にしてあげることがかなり重要になります。

入浴時は指を使って丁寧に!

普段赤ちゃんを洗ってあげるとき、きちんとくびれの赤まで洗えていますか?

顔とか体は洗いますが、くびれの中というのはどうにも忘れやすいポイント。
 
 
実際問題、沐浴ってなれないとかなり大変ですし、赤ちゃんが泣いちゃったするとシワを洗うことまで手が回らなかったりするんですよね。
 
ただ、それでも湿疹を起こさせないためには大変さはありますが、洗ってあげることが重要です。
 
 
ちなみに赤ちゃんの肌が湿ったままだと皮膚がふやけて炎症が起こりやすくなりますから、しっかりと拭いてあげてください。

お風呂後の水分をとるために、ベビーパウダーを使う方もいますが私はあまりおすすめしません。
もちろん赤ちゃんの肌に合っているのならOKですが。
赤ちゃんの肌にベビーパウダーをおすすめしない2つの理由
 
 

着る服も工夫を!

赤ちゃんの着る服装によっては、赤ちゃんがくびれにたくさん汗をかいてしまうことがあります。

夏は結構薄着にしてあげてたりすると思います。
赤ちゃんは汗を掻きやすいですから、この辺は注意してほしいですね。

ちなみに、汗をふいたときはこまめに拭いてあげましょう。

多いのが冬など赤ちゃんんが寒いだろうと着せすぎてしまう事。

赤ちゃんは結構暑がりですから、服の枚数を減らすなどの調整は必要ですね。
赤ちゃんの冬の服装はあせもに注意!

夏も冬もできるだけ吸湿性、通気性がいいものを使ってあげてください。

可愛いから!とかかっこいいから!
で服を選んでしまうと最終的につらい思いをするのは赤ちゃんですから。

関連記事

見逃されやすい赤ちゃんの頭に出来る湿疹対策
唇が乾燥してしまう赤ちゃんの対策方法
赤ちゃんの肌荒れはオロナインで改善できる?
赤ちゃんの首にあせもが出来たときのケア方法!

Pocket