赤ちゃんが肌荒れを起こしてしまうのは乾燥が原因?

赤ちゃんの肌荒れの原因は・・・

ks
 
赤ちゃんの肌というのは大人と比べとても弱く、すぐに肌荒れを起こしてしまいます。

初めての赤ちゃんならなおさら心配になってしまうのではないでしょうか。
 
 
肌荒れは赤ちゃんにとってすごい起こりやすい問題ではあるので、正直そこまで慌てたりする必要はありませんが、放置するとどんどんひどくなっていきます。
 
結果として強力な薬を使わなければならなくなるケースもあるので、きちんと原因を把握してケアしましょう。
 
 

赤ちゃんの肌荒れの原因は・・・

kan

赤ちゃんの肌荒れの原因の多くは『乾燥』です。
 
 
もちろん母乳だったりハウスダストだったり肌荒れの原因はいくつかあるのですが一番多いのは乾燥による肌荒れなんです。

赤ちゃんの肌は大人に比べ非常に弱く薄いので皮膚の水分がすぐに外に出てしまい乾燥肌状態になります。
 
 
特に冬なんかでは放っておくとかなり酷い状態になることがあります。
大人の人でさえ冬には乾燥肌に悩まされてしまうのですから当然ですよね。
 
 
赤ちゃんの肌は大人の肌の2分の1、3分の1といわれているほど薄いんです。

赤ちゃんの肌は潤っていてプルプルしているというイメージがありますが実際そうならない赤ちゃんが多く、多くのお母さんが肌荒れに悩んでいます。

では原因が乾燥と分かったところでその解決方法を紹介したいと思います。
 
 
 

乾燥の対策には保湿が必要

hositu

赤ちゃんの肌が乾燥してしまうことの対策として一番の効果があるのは『保湿』です。

女性もお風呂上りに化粧水や乳液で保湿を行っていますよね。
それと同じで赤ちゃんにも保湿が必要なんです。

赤ちゃんに保湿をしてあげるタイミングとしてはお風呂上りがおすすめです。
 
 
お風呂のあとは一見潤っているようにも思えますが皮脂が落ちているため肌の水分が外に出やすくなっています。

またお風呂以外でも乾燥しているようなら保湿をしてあげるといいでしょう。
 
 
 

肌荒れには保湿ジェル

保湿の方法としては保湿ジェルを塗ることが一番です。
 
肌によくない成分が含まれている保湿製品を使うと子供が肌荒れを起こしてしまう可能性があります。

肌荒れしたところを子供が引っかいたりすれば当然傷ができ炎症をおこしたりするんです。
 
  
赤ちゃんの保湿には無添加で肌が弱い人にも使える保湿ジェルを選びましょう。
赤ちゃんの肌をしっかり保湿してくれる保湿剤ランキングはこちら

 
 
赤ちゃんの肌荒れ対策というとワセリンの使用が挙げれれますがワセリンを使ったとしても肝心の水分を補給することは出来ません。

さらにいえばワセリンは医者によっては『使っちゃだめ』という人がいるくらい肌にいいのか不確定なものですので使用は辞めたほうがいいでしょう。
 
 
保湿ジェルを使って保湿をすればワセリンを使うことなく肌荒れを対策することが出来ます。

Pocket

Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.