便秘から肌荒れへ

赤ちゃん肌荒れ便秘

健康的な赤ちゃんは1日に2回以上ウンチをするといわれています。

しかし便秘になる赤ちゃんは3日以上も出ない場合があるんです。

便秘の辛さというのは実際に便秘体質の人なら分かると思います。
 
 
本来体の外に出すべきものが体内にあるわけですから様々な問題が起こってしまっても不思議ではありません。

赤ちゃんの肌荒れも便秘が原因の場合があります。
 
 
 

便秘の見極め方は?

便秘というのは2、3日ウンチがでないからといってすぐ便秘決定ということではありません。

腸の動きがまだしっかりとできていない赤ちゃんにとって2、3日ウンチがでないというのはよくあることなんです。
しかし

  • 湿疹などが出てきて肌荒れしている
  • あまり母乳を飲まない
  • 元気がよくない

といった症状が見られる場合、赤ちゃんは便秘の可能性があります。

赤ちゃん肌荒れ便秘 
 

 

肌荒れ=便秘?

便秘になったことが原因で肌荒れや湿疹が出来るのは赤ちゃんだけではなく大人の人も同じです。

顔がくすんできたり吹き出物が出たりします。
 
 
赤ちゃんの場合、便秘による肌荒れでは赤いポツポツが顔に出ることが多いようです。

もちろんポツポツが出てしまう原因は便秘だけでなく肌の乾燥なども場合もあるので一概にはわかりませんがウンチを出した後にポツポツがなくなったら便秘が原因とみていいでしょう。
 
 
 

便秘の解消方法

赤ちゃんの便秘はしっかり解決してあげる必要があります。

あまりにひどいようでしたら病院で見てもらうことをおすすめしますがまずは、自宅できる対処方法を実践しましょう。
 
 
 

便秘解消マッサージ

腸の働きがまだ上手くいっていない赤ちゃんのために腸のマッサージをしてあげます。

やり方は非常に簡単で赤ちゃんを仰向けに寝かせ『の』の文字を書くようにお腹をマッサージしてあげます。
マッサージですのであまり強く押す必要はありません。
 
 
赤ちゃん便秘肌荒れ

『の』をかくようにマッサージすることによってウンチをでやすくしてくれます。

この方法はあかちゃんだけでなく大人にも使える方法ですので便秘気味のお母さんもぜひためしてください。

お母さんが便秘ですと子供も便秘になるといわれていますので一緒に改善しましょう。
 
 
 

お母さんの母乳を改善

赤ちゃんの便秘の原因として水分がたりないことがあります。

もちろん母乳をどれだけ飲んでいるかもみなくてはいけないのですが、お母さんの母乳の質によってはあまり赤ちゃんが飲めないことがあるんです。
 
 
油っこいものや甘いものばっかり食べていると母乳がドロっとしてきて飲みにくくまずい母乳になってしまいます。

そのため赤ちゃんが母乳を飲むのを嫌がり水分がたりなくなってしまうんです。

お母さんが食べたものは子供に行きますので何でも好きなものをたべていいというわけではありません。

赤ちゃんことを考えた食事をするようにしましょう。
 
 

生活リズムを整える

赤ちゃんは生活環境によっても便秘になります。
これは大人も同じですね。

うるさい音がずっと鳴っているようなところで赤ちゃんを育てるとストレスを感じてしまい便秘になってしまうこともあるそうです。

赤ちゃんも一人の人間ですのでストレスを感じることは結構あるんです。
 
 
また夜なのに電気が付けっぱなしだったり母乳の時間が毎日バラバラ、お風呂の入れる時間が毎日違うような生活リズムが崩れる生活は、赤ちゃんにとってデメリットしかありません。

毎日決まった時間にアクションを起こしてあげることが大切です。

赤ちゃん便秘肌荒れ
 
 
 
以上が赤ちゃんの便秘を治す方法です。

綿棒で刺激する方法などもあるのですが知識や経験がない人がやると赤ちゃんを傷つけてしまう可能性がありますので上記の方法で治らず赤ちゃんの体調が悪くなるようでしたらすぐに病院でみてもらいましょう。
 
 
 


関連記事

Pocket