ワセリンはいいところと悪いところがあります・・・。

wase
 
赤ちゃんの肌トラブルをケアするときにワセリンはよく使われていますね。

ワセリン自体は、肌にいいとかしっかり守ってくれるということあら人気ですし、何よりお医者さん等で見てもらったときにもらうことが多いです。
 
 
ただ、ワセリンを使うのがよくないという意見もあるんです。

実際、お医者さんの中にもワセリンを処方しないという方もいますので、本当に人それぞれです。
 
 
もしワセリンを使うとしても、デメリット的な事は知っておいたほうがいいでしょう。
 
 
 
 

ワセリンがよくない理由はズバリコレ!

beta

べたつき

ワセリンを使うとかなりベトベトしています。

普通の乳液とか化粧水系は、塗ってしばらくすると肌になじんでしっとりする感じに落ち着きますよね。
 
 
ですがワセリンの場合そういうことなく、結構な時間べたつきます。
肌に浸透していくわけではなく、肌の上にガッツリ乗る感じ・・・。
 
赤ちゃんの肌に塗ると結構ベタベタして、ホコリのような汚れとかも結構ついちゃいます。
 
 

かゆみの原因

アトピーの方がワセリンをつかったときにかゆみがひどくなったというケースが結構あります。

これはワセリンを使ったことによって熱がこもってしまっていることが原因です。

体温が上がるとかゆみは増しますから、赤ちゃんにとってはかなりつらいはず。
  
赤ちゃんがかゆみを感じて、肌をかきむしってしまえば傷ができ感染症等を起こす可能性もあります。
 
 
 

ワセリンだけだと水分がない

ワセリン自体は内側からの水分が抜けるのを抑えてくれるのにはバッチリ効果があります。
 
ですが赤ちゃんの肌が乾燥していてもともと肌に水分がなければいくらふたをしようと意味はありません。

 
 
 

もちろんワセリンが効果あることも多い

病院で処方されることもありますから、まったく効果がないわけではありません。

実際に赤ちゃんの湿疹にワセリンを使ってケアできた!というお母さんも多いです。
 
赤ちゃんの体質とかもありますから、正直なところ実際につかってみないことにはわかりませんね。
 
  

使うか使わないかはあなた次第

ワセリンしか赤ちゃんの肌荒れを治せないわけではないです。

お医者さんによっても使う使わないで意見が分かれるところですから、最終的には親であるあなたが判断してください。
 
 
 

ワセリンを使わない場合の保湿方法


 
ワセリンを使わない場合は、普通の保湿剤を使って肌に潤いを与えることになります。

とはいってもこれもいろいろ種類があるので、その中から効果があるものを選ばないといけないません。
 
 
保湿クリームなどはワセリンとは違い、赤ちゃんの肌にスーッとなじんでいくものがほとんどですから塗りやすいですし、使いやすさはGOOD。
 
もちろん使う保湿剤は肌に優しい赤ちゃん用のものをつかってあげてくださいね。
 
 
どれを選べばいいのか難しいですが、こちらのページでおすすめを紹介しているので参考になるはずです。。
>>赤ちゃんにおすすめの保湿剤ランキングはこちら

 


関連記事 

Pocket