赤ちゃんステロイド

アトピーや肌荒れなど赤ちゃんの肌の問題で悩み、病院にいくと『ステロイド』という薬を処方されます。

ステロイドは様々なところで使うべきか使わないべきかという話題で問題になっている薬ですので正直なところ処方されたはいいが使用すべきか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
 
 
赤ちゃんがアトピーを患っておりステロイドを処方されているもしくはすでに使用しているという人はこの『ステロイド』という薬について知識を得ておくことをおすすめします。
 
 
 

そもそもステロイドって何?

そもそもステロイドというのは正式にはステロイド外用薬といいます。
このステロイド外用薬の効果は大きく分けて二つあります。

①抗炎症作用
抗炎症作用は体で起こる炎症を抑える効果があります。
 
②免疫抑制作用
人の体には免疫という能力があります。
免疫には体に入ってくるウイルスを排除する能力があるのですがこの免疫能力がある特定のものに強く反応してしまうことをアレルギーといいます。
 
 
赤ちゃんステロイド

体に害のものだけでなくいいものに対しても免疫を起こしてしまうわけですが、
免疫抑制作用にはその免疫を抑えることができます。

つまりこのステロイドを使うことによりアトピーで荒れてしまっている肌を通常の状態にすることが出来るんです。
 
 
 

ステロイドの注意点

ステロイドの概要や効果だけをみれば素晴らしい薬のように感じると思いますよね。
 
ぱっと塗るだけあれだけ大変だったアトピーやら何やらが全部ツルッと消えちゃうわけですから。
 
 
でももし本当に塗ればいいだけの薬ならここまで議論されていません。いいところがある一方、よくないところもあるんですよね・・・。
 
 

ステロイドの効果

ステロイドを使うことによりアトピーの炎症は基本的に収まります。
 
ですが、そこで大きな勘違いが一つ、
『ステロイドはアトピーを治しているわけではないんです。』
 
 
ステロイドはアトピーを治す薬ではなくあくまで炎症を抑える薬です。そのためステロイドを使うのを辞めればすぐにまたアトピー肌状態になります。
 
 
原因自体を解決せずに症状を抑えているだけなので、本当の意味でアトピーを治したというわけではないでしょう。
 
もちろん症状を抑えることによって、悪化したりするのを防げるというのは大きなメリットですけどね。
 
 

副作用がある場合も

ステロイドはひどいアトピーの症状を抑えてくれる頼もしい味方でもあるのですが、いい面がある分副作用という悪い面もあります。
 
ステロイド自体色々な種類があって強さが違うので、どういった副作用ががるのかなども難しいのですが、副作用があるということは考えておかないといけません。
 
 
とはいっても基本的にはお医者さんの指示に従って使っていればそれほどひどい副作用がおこることはないでしょう。
 
ですが、お医者さんからの指示に従わず、適当に塗ったり、また塗るのをやめたりすると副作用が出てしまうことがあるので、処方してもらった医師の指示に従って塗るようにしてください。
 
 

医師によって診断が全然ちがう

 
赤ちゃんステロイド

あなたがどこの病院に行っているのかなど私が知っているわけはありませんが、医師の診断というのは、医師によって全然違います。
 
ちょっとしたことならまだいいのですが、ステロイドについても全然違う事があって困ったもの。
 
 
そもそもな話、ステロイドを使ったほうがいいという医者とステロイドは悪者だ!という医者もいますからもうその時点から話が違っているわけです。
 
私達一般人からしたらお医者さんの意見が最優先されるわけで、そのお医者さんたちの意見が割れてしまうとなると本当に困ってしまいます。
 
 
ステロイドを使うべきなのか使わないべきなのかについてはそれぞれ意見がありますが、あなたが判断するしかありません。
 
この辺はあなたが信頼しているお医者さんと相談して決めるようにしましょう。
 
 
 

とりあえず肌のケアは大事!

アトピーでステロイドを使うにしても使わないにしても肌のケアはとっても大事になります。
 
ステロイドはそれこそ症状を抑えているだけですからね。
 
 
アトピー自体肌の乾燥によって弱ってしまっていることが一つの原因でもありますからそれはきちんと保湿で守ってあげないといけません。
 
どの保湿剤でもいいですが赤ちゃんの肌に合っていてきちんとお肌の水分を保持できる物を選んであげてください。

>>赤ちゃんにおすすめの保湿剤についてはこちら
 
  


関連記事

Pocket