毎日毎日赤ちゃんのお世話をしているのに全く良くならないアトピーを見るとココロが折れてきます。
 
頑張っていることが全く実を結ばないとさすがに精神的にも厳しいですからね。ぱっとケアしてぱっと治ってくれるのなら全然平気なんですが、アトピーさすがにそういうわけにも行きません。
 
しかも赤ちゃんのことですから放っておいていいわけでもないので、日々精神的な負担は大きくなっていきます。
 
 
 

アトピーは赤ちゃんの体質

アトピーはあせもとか、乳児湿疹のような肌トラブルと違って一種の体質によって起こっています。

アトピーについてはまだまだわからないことが多いので、それを確実に治せる方法が確率されていないのもむずかしいところですね。
 
 
アトピーの問題点としては、皮膚のバリア機能をうまく作れない事にあります。つまり外からの刺激から皮膚をうまく守れていないということ。
 
またバリア機能が正常に機能していないことによってアレルギーの原因物質が皮膚から侵入して、それに対して赤ちゃんがアレルギーを持つようにもなります。確実にアレルギーになるわけではないですが、皮膚からアレルゲンが侵入するとそれのアレルギーになる可能性は高いんです。
 
 

アトピーのケアは長い目で

自分自身の体質を改善するというのは容易なことではありません。それは赤ちゃんも大人も一緒です。
 
ちょっとした切り傷ならば時間経過で直りますが、生まれつきのシミとかは消すの難しいですよね。
 
アトピーに色々ケアしているのに良くならないと考えてネガティブになっていってしまいますが、今すぐ治る治らないで判断するのではなく長い目で見て判断していきましょう。
 
 
ママとしては残念ですが、アトピーはすぐに治るものではありません。ですので将来的にケアできていればいいということを念頭において毎日ケアを積み重ねていくのが大切なのではないでしょうか。
 
 

お医者さんの言うことには従う

一番よくないのは、「アトピーがよくならないよー」といって自分自身で調べた適当なケア方法をしてしまうこと。
 
アトピーの原因もわかっておらず、正しい知識もない中でそれをやるとアトピーは逆に悪化してしまう可能性もあります。

中には、明らかに怪しいアトピーケアの方法もありますからね。親としてはそういうのに騙されない用心深さが大切です。アトピーの皮膚から出てくるのは毒だ!とか好転反応が~みたいなのも注意ですね。
 
きちんとちゃんとしたお医者さんの意見したがって長い目で見てケアしていってください。 
 
 
 

ステロイドの使用も考えて

あなたは今ステロイドは使っていますか?

良くならない状態が続いていてステロイドを使っていないのなら、お医者さんと相談してステロイドを使うのも一つの手段です。
 
ステロイドは治しているわけではなく症状を抑えているだけなのですが、それによってかきこわしたりする確率を下げられるのでどんどん悪化していくのを予防できます。
 
ステロイドには色々な噂がありますから怖くなる気持ちがあるでしょうが、お医者さんと相談して使用を考えましょう。
 
 

保湿はちゃんと肌を守れるものに

アトピーのケアということで保湿していると思います。

それなのにアトピーが良くならない状態。
色々な原因があるのでしょうが、もしかしたらきちんと保湿ができていないという事も考えられます。
 
 
今使っている保湿製品はきちんと赤ちゃんの肌が潤うものですか?
せっかく塗っても赤ちゃんの肌がきちんと潤ってバリア機能が使えていないと意味がありません。
 
かゆみなんかは赤ちゃんにとっても辛いものですから、保湿製品を見直して赤ちゃんの肌を守ってあげましょう。
 
>>アトピーの赤ちゃんにおすすめの保湿製品についてはこちら
 
 
 


関連記事

Pocket