ステロイドを使っていて怖いのがやめたあとのこと。

使っている現在は、ステロイドのおかげもありそこまでひどくならない状態で過ごせているわけですが、ずっとステロイドを使い続けるわけにも行きません。
 
ステロイドは長期連続使用するのは推奨されていませんし、副作用等が起こる可能性もありますからいつかはやめることになります。
 
 
ただ、やめるとどうなってしまうのか。それが心配ですよね。
 
 
 

ステロイドをやめるとまた出るかも

ステロイドはそもそも、肌トラブル自体を治しているというわけではありません。炎症を抑えて症状が出ないようにしてくれているだけなんです。
 
症状が出ていると赤ちゃんがひっかいたり、他の刺激などで悪化してしまうことも多いですからそれを防ぐためにステロイドを使うというのが正しいでしょう。症状をおさえつつその間に肌トラブルの原因も改善されてくれるのを待つという感じです。
 
ステロイドを使うと治った用に見えてしまいますが、それは表面的なことというわけで、やめると再び症状が出てくる場合が多いです。
  
 

根本的なケアが大事

原因自体が良くなってない状態、落ち着いていない状態でステロイドをやめてしまえば再び症状は出てきますから意味がありません。
 
なので何かしらの根本的なケアをしていく必要があります。
何が原因の肌トラブルなのかにもよるので、難しいところですがその症状に合ったケアをしましょう。
  
 
乾燥やアトピー等の場合は、当然保湿が大切になります。
保湿といってもちゃんと効果があるのを塗らないと行けないですから、結構たいへんですよね・・・。
⇒赤ちゃんにおすすめの保湿剤ランキングを見る
 
 

あなたの意思でやめることはしない

やめると再び症状がでてくるわけですが、場合によっては以前よりも症状がひどくなってしまうこともあります。これをリバウンドというのですが、ママとしては怖いですよね。
 
基本的にお医者さんの指示に従って入れ歯、ステロイドを突然やめるということはしないです。お医者さんもリバウンドだったり副作用については把握しているでしょうから、少しずつ量をへらしたり、ステロイドが入っていない薬に変えていくなどの処置をするはず。
 
もちろん炎症の酷さやお医者さんによっても診断は変わりますけどね。
 
 
きちんとお医者さんがどうやってステロイドを使っていくのか計画を立てているのに、あなたが突然やめると結局一番苦しむのは赤ちゃんです。
 
もしステロイドをやめたい!と思ったのなら自分でいきなりやめずに処方してくれた医師に相談してください。
 
 
 

間違ったステロイド情報に注意

「ステロイドは悪いものだからやめましょう!」
とあなたを煽ってくる人もいます。
 
不安になってしまう気持ちもわかりますが、そういう間違った情報に騙されて「大変!ステロイドやめなきゃ!」となってしまうともう大変です!
 
ステロイドを突然やめた後に起こるリバウンドもそういう人たちからしたら「いい反応」だそうですから、苦しんでる赤ちゃんにとってはたまったものじゃないでしょう。
 
 
お医者さんもピンきりでよくない人もいますが、ちゃんとしたお医者さんで見てもらって指示どおりにステロイドを使っていけば大丈夫です。
 
もしいま見てもらっているお医者さんの診断に疑問があるのなら他の病院で見てもらうセカンドオピニオンもありますからね。
 
とにかく怪しい人に騙されずお医者さんに相談しましょう。
 
 
 


関連記事

Pocket