赤ちゃんの脇の下が赤い。
赤ちゃんの肌のことですし、きちんと対処しておきたいところですよね。
 
こういった湿疹が出た時に薬を使ってさっと治してあげたいと思うのですが、赤ちゃんに使う薬には注意が必要です。
 
大人だったら適当に薬局にいって薬を購入すればいいですが、赤ちゃんの場合それで大変な事になったら怖いですからどの薬を使えばいいのか迷いますよね。
 
ですが、脇の下だけの赤みといえども薬に関してはむやみに塗らないほうがいいでしょう。
 
 
 

脇の下が赤いのはアトピーの可能性も!

脇の下が赤いというのは、アトピーの症状の一つと言われています。
 
アトピーは体質の一つで脇の下や膝肘の裏側が赤くなるとアトピーと診断されることが多いです。またより特徴的なのが耳の下根本部分が赤く切れている『耳切れ』という症状です。
 
まあただ症状のうちの一つですから確実にアトピーというわけではないです。
 
 
ただアトピーの可能性が『脇の下赤い』という症状からわかるのなら、適当に薬を使うというのも考えものですよね。あなたもご存知の通り赤ちゃんの肌はまだまだ未完成ですから適当に薬を使うのは推奨されません。
 
 

アトピーの判断はお医者さんに

症状的にアトピーの可能性があるわけですから、きちんと病院で診察をしてもらったほうがいいでしょう。
 
月年齢が低すぎるとお医者さんでも乳児湿疹かアトピーかわからないことがありますが、赤ちゃんのことが心配ならば適当な判断はしないほうがいいです。
 
アトピーとなればそれなりのケア方法がありますからね。
 
 

薬は病院処方のものを

脇の下の赤い湿疹に使う薬は、病院で処方されたものを使うのが一番安心です。
 
症状を見たお医者さんが「市販の薬でもOK」といってから市販の薬を探すのでも問題はないはずです。ただ脇の下ちょっと赤い程度なら強い薬も使わないでしょうからとりあえず診てもらうだけ見てもらいましょう。
 
 
 

アトピーだとすると保湿がとっても大事

もしアトピーの可能性があるのなら、赤ちゃんの肌の保湿をもう一度見直したほうがいいです。
 
アトピーは皮膚のバリア機能が弱い体質のことが多く、弱っていると外の刺激を赤ちゃんの皮膚がもろに受けてしまいます。今現在の脇の下の赤みもそれの可能性が高いです。
 
 
また、荒れた肌からアレルゲンとなるものが入ると、その物質に対して荒れえるギーになりやすくなるというデータもあるくらいでせから、早急にしっかりとした保湿をしてください。
 
もうすでに保湿をしている!という人は塗る回数や塗り方、使っている保湿剤を見直しましょう。
>>赤ちゃんにおすすめの保湿剤についてはこちら
 
脇の下の赤みだけなので、そこまでひどくないようには感じますが、後々悪化してしまう可能性を考えるときちんと病院にいってみてもらいつつケアしたほうが安心です。
 
 
 


関連記事

Pocket