赤ちゃんは全体的に肌が弱いので、色々なところに湿疹が出てきます。
 
原因不明の湿疹も多くあったりしてママとしては心配になることも多いでしょう。気にしなくてもいい湿疹もあるのですが、腕の内側の湿疹はちょっと注意したほうがいいかもしれません。
 
赤ちゃんの肌トラブルはホント多いですが落ち着いてケアしていきましょう。
 
 
 

腕の内側は乾燥しやすい

そもそも腕の内側というのはとっても乾燥しやすいところなんです。
 
大人もそうなんですが顔のTゾーンは皮脂がたくさんでますよね。皮脂は邪魔になることもあるんですが、皮脂と水分があることにより肌を乾燥から守れます。
 
ただでさえ赤ちゃんは生後3ヶ月以降、全身の皮脂量が低下してしまうのにもともと皮脂の量がすくない腕の内側は乾燥しやすくなります。
 
 
皮膚が乾燥すると外熨斗撃を受けて湿疹を起こしてしまいますから、現在のような感じになっているのが予測できます。
 
 

アトピーの可能性は?

乾燥して湿疹ができているならいいのですが、腕の内側となるとアトピーの可能性も出てきます 
 
腕や肘、膝の内側の湿疹、耳切れなどがアトピーの症状ですからもしかすると、お子さんはアトピーかもしれません。詳しい判断は病院でしてもらえますので、ひどくならない内に見てもらいましょう。
 
 
アトピーだった場合、食べ物だったり生活だったりで色々と気をつけないといけないことも出てきますからね。
赤ちゃんのアトピーで気をつけることは?
 
 

その他の原因

その他に考えられるものとしては、接触性皮膚炎や虫刺されによるものでしょう。
 
接触性皮膚炎はその名前の通り、何かしらが赤ちゃんの腕の内側に触れたせいで荒れてしまったという肌トラブルです。布団、服、ベビーカーなどなど心当たりはありませんか?
 
赤ちゃんは原因不明の湿疹もありますが、良くない湿疹の場合も含めてキチンと病院で見てもらうことが大切です。
 
 
 

乾燥、アトピーなら保湿を忘れずに

赤ちゃんの腕の湿疹がアトピーか普通の乾燥による湿疹なのかどうかはわかりませんが、どちらにしろ赤ちゃんの肌の保湿は欠かさないようにしましょう。
 
保湿をすることで肌を守れますから、赤ちゃんにとって普段の保湿は肌トラブルを防ぐための大事な予防方法です。
 
 
またすでに保湿剤を塗っているのに・・・!という場合は、もしかしたら保湿剤が合っていない化膿疎影もあります。赤ちゃんの肌は今使っている保湿剤できちんと守れていますか?
 
赤ちゃんそれぞれ体質が違うので、病院でもらうものも市販のもの合う合わないが出てきます。
 
ママとして、できるだけ赤ちゃんの肌に合っていて皮膚を守ってくれる物を使いたいですね。
 
>>赤ちゃんにおすすめの保湿剤ランキングはこちら
 
 
 


関連記事

Pocket