『ステロイドは毒だ!』『ステロイドを使うと恐ろしいいことになる!』『赤ちゃんがステロイド依存症になって苦しんでる!』『脱ステ!』
色々とアトピーをケアしたいと思って情報を集めていると、ネット上でも現実でもこういった意見を耳にします。
 
あなたは赤ちゃんの肌を良くしたい、治してあげたいという気持ちからステロイドを使ったわけで、今現在後悔している状態ですよね。 
 
ステロイドを安易に使ってしまったということで自分を責めてしまっているのかもしれません。ですがあなたがのその判断は間違っていませんよ。
 
 
 

ステロイドはわるいものじゃないよ!

ステロイドについて調べるとよくない情報とかもいっぱい出てきますし、ステロイドのデメリットを紹介するブログもたくさんあります。またママ友や知り合いからそういうことを聞いたという場合もあるでしょう。
 
確かにステロイドには副作用やリバウンドというものがあります。これは言い逃れできません。
 
ステロイド自体強力な薬ですからそういったことは起こり得るんです。でも絶対起こるというわけではなくあくまで起こる可能性があるので、ちゃんと正しく使おうということです。
 
 
もしステロイドを使わないとしたら、そのアトピーの症状はどうやって抑えますか?軽度ならいいですが重度のものとなるとどんどん悪化していきます。
 
ステロイドを使ってその症状をSTOPできるのならば、その後のケアも大きくかわってくるのではないでしょうか。
 
使ってしまった・・・と後悔しているかもしれませんが、使わずにどんどんアトピーが悪化していって取り返しが使いないほどになるぐらいならステロイド使うほうが全然マシですよ。
 
 

きちんとお医者さんの指示に従う

ステロイドは強力な薬ではありますが、きちんとお医者さんの指示に従って使っていれば問題ありません。
 
使う範囲、いつ使うのか、いつまで塗るのか、などなど。
きちんとお医者さんの指示にそって使ってください。
 
「お医者さんに塗ってと言われたけど、やっぱりやーめた!」というのが一番よくないです。アトピーを悪化させたりステロイドのリバウンドや副作用を起こしたいならそれでもいいですけどね。
 
 

ステロイドについては何を信じればいいの?

ステロイドについての情報は色々あるので、あなたを惑わせます。
 
特に『ステロイドは悪いもの!』という情報は頭の中に残りますよね。
でもそれを発信しているのは誰なのでしょうか。医療関係者もいるかもしれませんが、全く関係のない人もいます。
 
ステロイドは悪だ!といって他の物を買わせたりするわけです。
 
 
ステロイド自体いい面と悪い面があるわけですが、そういうのをひっくるめてお医者さんの情報だけを信じるようにしたほうがいいです。
 
変なものに騙されて、アトピーを悪化させてしまうのが一番最悪ですから・・・。
 
 
 

ステロイドだけでなく保湿も忘れずに

使ってしまったステロイドを後悔する必要はありませんし、必要ならば今後も塗ってあげるべきです。
 
もちろんステロイドだけだと赤ちゃんの肌の乾燥をどうにかすることはできませんから、肌を守る役割も含めて保湿をしてあげないといけません。
 
 
ステロイドをお医者さんから貰ったということは保湿についての説明も受けているかと思います。赤ちゃんの肌にとって保湿は重要ですからね。
 
保湿剤は病院で貰ったものでも市販のものでも赤ちゃんの肌がしっかりと潤ってくれるものならそれでOK。
 
 
どれを使えばいいのか迷っている・・・という場合はこちらのページでおすすめの保湿剤を紹介しているので参考にしてください。
>>アトピーにおすすめの市販保湿剤ランキング
 
 
 


関連記事

Pocket