ちょっと湿疹が出ているくらいのアトピーならばいいんですが、やっぱり血が出てきているほどのアトピーをみると来るものがあります。
 
自分の垢ちゃんとは言え正直なところ痛々しすぎて見ていられないほどではないでしょうか。できることならば代わってあげたいと思うほどかわいそうな状況です。
 
アトピーじゃなければこんなことにはならないわけで赤ちゃんもここまで苦しまなかったはず・・・。
他の赤ちゃんを見て羨ましい気持ちも出てきてしまいますよね。
 
 
 

感染症とかが怖い

血がでているということは傷があるということです。
 
怖いのはその傷から、雑菌などが入っていって感染症にまで発展していってしまうこと。ただでさえアトピーのせいで荒れに荒れてる肌がさらに感染症に蝕まれて行くのは想像するだけで怖いです。
 
 
それ以前に血だらけになるほどのアトピーだとかゆみとかも収まっていないでしょうから、赤ちゃんはどんどん掻いちゃいます。
 
それを見る親も辛いですが、アトピーによるかゆみ、引っかきによる痛みを抱えている赤ちゃんこそ一番つらいでしょう。
 
 

とりあえず病院は必須

正直血が出ている状態はかなりよくないです。
アトピーにも度合いがありますが、血が出るほどかきむしっている状態はかなり進行していると行っていいでしょう。
 
自宅で手軽ケアできる範囲を超えていますので、きちんとした病院で見てもらってください。場合によっては入院ということになるかもしれません。
 
血が出るほどかゆいアトピーですから、ステロイドを使って症状を抑えることになるでしょうが、それは仕方がないこと。ステロイドはちゃんと使えば大丈夫な薬です。
 
ステロイド怖い!といって使わないとアトピーはどんどん悪化しますし、余計赤ちゃんに辛い思いをさせることになるのでその辺はきちんと考えてくださいね。
 
 
 

痒みを抑えないと

血だらけになる原因としては、赤ちゃんがかゆみを感じているから引っ掻いてしまっているのが大きな理由です。
 
ステロイドを使って症状を抑える他に、かゆみを一時的に和らげる方法をしておいたほうがいいでしょう。
かゆみを抑える方法としては、冷やしてあげるのが手っ取り早くて一番。
 
部屋の温度や服装とかを温めすぎないようにしつつ、ひどい場所にはタオルで包んだ保冷剤を当ててあげると結構かゆみは治まります。
冷やしすぎるのはよくないので様子をみつつですけどね。
 
 

保湿は忘れずに

アトピーのケアとして保湿は忘れずにするようにしてください。
 
ステロイドと一緒に保湿剤をもらっているのならそれを塗ってあげればいいですし、市販の物を使う場合は成分だったり保湿効果なりをしっかりと選んであげましょう。
>>市販のアトピー向け保湿剤ランキングはこちら
 
アトピーにおいて保湿は本当に重要です。
毎日ぬるのがめんどくさいとかあるかもですが、赤ちゃんのためにもちゃんと保湿してあげてください。
 
 

傷があるので注意

血だらけになってしまっているわけで、結構な傷があるというのはちょっと心配なところ。
 
感染症になるのもそうなんですが、肌にぬったり服を着せたりする上でどうしても傷による痛みだったり滲みたりするのが赤ちゃんにおこりやすいわけです。
 
もちろん言われたとおりに薬等を塗る必要がありますが、あまりにも赤ちゃんの反応がつらそうならばお医者さんに相談してみましょう。
 
 
 


関連記事

Pocket