アトピーといえば、ステロイド。
良くも悪くもアトピーをケアする方法としてはステロイドが有名です。
 
アトピー肌の赤ちゃんは、悪化するとホント今までとは想像もできないほど見ているのも辛い状態になります。そういう時に使う薬がステロイドです。
 
よくないという話も聞きますが、アトピーが治るのならば、親としては使ってあげたいですよね。
赤ちゃんのアトピーはステロイドを使えば治るのでしょうか。
 
 
 

赤ちゃんにとってもステロイドは大事。

赤ちゃんのアトピー肌にとってステロイドはとっても大事です。
「ステロイドなんて使わない!」という人もいますが、赤ちゃんのことを考えると使ってあげてほしいです。
 
ただ、じゃあステロイドを使えばアトピーが治るかというとそういうわけではありません。
 
ステロイドを使えば治るイメージがあるんですが、あれはあくまでも症状を抑えているだけなんです。なので根本的に治しているわけではありません。
 
 

これ以上アトピーを悪化させたくない

症状が出ているのを抑えるだけならアトピーにステロイド使う意味ないじゃん!と思っちゃうんですが、症状を抑えるという効果はめちゃくちゃ重要です。
 
アトピーの症状が出ていると赤ちゃんにとってかなりかゆみを感じます。その結果赤ちゃんは自分の肌を傷つけてしまうわけです。これによりどんどんアトピーは悪化していきます。
 
でもその症状が抑えられていたら悪化させずにすみますよね。
 
ステロイドはアトピーを治すわけじゃないですが、今異常に悪くなることは防いでくれます。
  
 

軽めのアトピーだと使わないことも

もちろん症状によってはステロイドを使わない場合もあります。
アトピーといってもその症状の酷さは赤ちゃんによって全然ちがいますから、そこまでひどくない子にはステロイドは使いません。
 
どれぐらいの症状で処方するかは完全に見てもらったお医者さんの判断ですね。
 
すぐにステロイドを出すお医者さんもいれば、あまり出さないという人もいるので、そこはお医者さんに頼る他ありません。まあお医者さんもピンきりで色々な人がいますけどね・・・。
  
 

きちんとお医者さんの指示に従うこと

ステロイドを使うという診断がくだされた場合、ステロイドの使い方はお医者さんの指示にしっかり従ってください。
 
ステロイドはいい面がたくさんある薬でもあるんですが、やっぱり副作用と呼ばれる物もあります。使い方を間違えるとこの副作用が出てしまいますから、お医者さんが教えてくれた量、使い方をキチンと守りましょう。
 
 
ステロイドの使い方について、横から医者でもないのに忠告してくる人がいる時があるかもしれませんが、そういうのは気にせず無視してください。自分の判断でやめたりするのがステロイドでは危険です。
 
 
 

ステロイドを使う場合も保湿は大事

ステロイドを使って症状を抑えるわけですが、アトピーを治すためにもその他にも保湿が必要になります。
 
アトピーを起こしちゃう子はそういう体質なので、簡単に治すのはできないのですが、症状を緩和するためにもきちんと保湿をして赤ちゃんの肌を守ってあげる必要があります。
 
 
お医者さんから処方されたものでもいいですし、市販のものでもいいので、保湿を徹底的にしてあげてください。
 
ただ使う保湿剤が赤ちゃんの肌に合っていてちゃんと保湿できていないといくら塗っても意味はありません。
 
どれを使えばいいのかというのはママにとってとっても悩むところです。使った保湿剤の成分でかぶれたなんてこともあるわけですから、ちょっと怖いですよね。
 
 
でもアトピーの肌に毎晩泣いてる赤ちゃんを救えるのはあなたしかいません。
ステロイドもつかいつつ保湿して赤ちゃんの肌を救ってあげてください。
 
>>赤ちゃんのアトピーにおすすめの市販保湿剤ランキングはこちら
 
 
 


関連記事

Pocket