ステロイドについて検索したりTWITTERなどでも色々と情報があります。ママ友とかに色々聞いたということもあるでしょう。
 
ステロイドについて調べれば調べるほどいろいろな情報が出てきて戸惑いますよね。
『脱ステ』『ステロイドは陰謀』本当なの?というようなものまで合ってステロイドの副作用も多く書かれています。
 
アトピーを治してあげたい。
でもステロイドは使わない方針にしたい。そういうあなたの気持ちもわかります。「ステロイドを使わずに直せました」みたいなのもネットでたくさん見かけますからね。
 
 
 

アトピーで一番つらいのは赤ちゃんです

アトピーに関して、あなたも毎日のお世話で精神的にも体力的にも辛くなっていると思います。
 
でもよく考えてみてください。今、一番つらいのはだれですか?
あなたよりも辛い思いをしているのは赤ちゃんではないでしょうか。
 
赤ちゃんはアトピーによるかゆみ、そして自分で引っ掻いて作ってしまった傷といったものに苦しめられています。今まで羊水の中にいてそういうのなかったのにいきなり外の世界で痛みに襲われているわけですからね。
 
赤ちゃんからしたら体的な辛さもあるでしょうし、いきなりそういうのが襲ってきたら怖いのではないでしょうか。
 
 

ステロイドは悪化させないようにするもの。

ステロイドを使わないという判断をしてしまうのは、ちょっと待ったほうがいいです。
 
ステロイドは症状を抑えることによってアトピーがひどくなるのを防いでくれます。つまり赤ちゃんにとってはとっても助かるものなわけです。
  
 
ステロイドは副作用やリバウンドがあるのは確かです。でもそれはきちんと使い方を守ることで避けられます。
 
赤ちゃんのことを考えて使わない選択肢を選ぶのも一つですが、それなら赤ちゃんのためをおもって使うのも一つではないでしょうか。
 

 
もちろんステロイドをつかわなくていい場面もあります。それは赤ちゃんのアトピーがそこまでひどくない場合。
無理にステロイドを使わなくても大丈夫ならお医者さんも使わないでしょう。
 
ただ、これはお医者さんの判断なので、すぐ使う人もいればあまり使いたがらない人もいます。
 
使わないなら使わないで、ちゃんとしたケア方法を医師が提示してくれないとですけどね。
 
 
 

アトピーに対して保湿は重要です

ステロイドを使うにしても使わないにしても、赤ちゃんの肌の保湿は必要不可欠です。
 
保湿をすればアトピーが治るというわけじゃないですが、保湿をしてバリア機能を正常にしてあげないとアトピーはどんどんひどくなりますからね。
 
部屋の湿度を調整したりするのも合わせて、毎日の保湿は必ず行ってください。
 
 
保湿をする時には保湿剤を使うわけですが、赤ちゃんの肌似合っていないと逆に肌荒れの原因になったり、塗っても意味がなかったりするので、赤ちゃんの肌がちゃんと潤うものを選びましょう。
 
>>アトピーの赤ちゃんにおすすめの市販保湿剤ランキングはこちら
 
ステロイドで症状をおさえつつ、保湿で肌を守ってあげるのがアトピーケアとして理想ではないでしょうか。
その他の食事制限等のアトピーケアもありますが。
 
 
 


関連記事

Pocket