赤ちゃんを散歩につれていくメリットはとっても多いです。
 
赤ちゃんに外の世界を感じさせるのにもなりますからいい意味で刺激になるはずです。ただ怖いのがアトピーがあること。
 
アトピーの状態だと小さいこでもアトピーに影響がないか?と考えてしまって不安になることが多いですよね。また散歩中は家と環境が違いますから、何か合った時にサッと対応するのも難しくなります。
 

アトピーの症状だけじゃなくて、周りの人、すれ違いのおばさんとかがなんか言ってくるのも本当萎えますからね・・・。
 
散歩自体は赤ちゃんにとってもいいことなんですが、アトピーの問題があるのなら色々と準備や心構えは必要になるでしょう。
 
 
 

かゆみでかかないように対策を

外に散歩に行ってる時に気をつけたいのがまずはアトピーの一番の問題であるかゆみです。
 
家だったら冷やすものも多いですし、エアコンもありますから何か合ったらサッとひやして対策をすることができますが散歩となるとちょっと難しいですよね。
 
抱っこひもだとこすりつけたりしちゃいますし、ベビーカーでも周りの布で自分自身の肌を傷つけてしまいます。
 
なのでとりあえず冷やすものは持っていって方がいいでしょう。ベビーカーなら保冷剤とかをタオルでくるんだりして持たせたり、隙間に入れたりして冷やしましょう。(冷やしすぎ注意)
 
 

一部紫外線がいいという話も・・・

一説にはアトピーに紫外線がいいから散歩をはじめ日光浴でもいいから日を浴びせたほうがいいという話もありました。
 
ずっと日を浴びない部屋で過ごすのがいいとは言いませんが、紫外線をあびることがいいという根拠がないので、この噂に関しては信用せず普通に散歩する感じにしましょう。
 
わざと紫外線を浴びせることは良くないこともありますからね・・・。
 
 
 

紫外線の強さには要注意

散歩に行く時にはかゆみに気をつけたり、乾燥のケアはしっかりとするべきではあるんですが一番気をつけるべきは紫外線による日焼けです。
 
ご存知の通り紫外線は日焼けを起こしてしまう原因にもなりますし、怖いのは皮膚がんにもつながってしまうということ。アトピーですら辛いのに日焼けとなるともう大変。皮膚がんだって今すぐはないですが子供の将来に影響します。
 
 
アトピーに関してだけじゃないですが、きちんと紫外線のケアはしたほうがいいです。
 
紫外線対策としては、日中など紫外線が強い時期を避けて散歩に行くのはもちろんとして、あとは日差しが強い日は赤ちゃん用の日焼け止めも使って守ってあげてください。
 
日焼け止めに関しては、色々ありますがおすすめはアロベビーですね。
 
アロベビー UV&アウトドアミスト
 
 
 


関連記事

Pocket