赤ちゃんの荒れた肌に使うステロイド。
症状をがっちり抑えられるとはいえ、副作用とかリバウンドとか色々な良くない情報も見てしまって使うのに尻込みしてしまいます。
 
『ステロイド』と一言にいってもその種類はかなり多くあります。

成分とかどういう効果があるのかなども全然違いますから、その子に合ったものを使う必要があります。軽い症状の子に強力なステロイドは必要ないですからね。
 
 
その中の一つ、ロコイドは赤ちゃんの肌トラブルではよく処方されるステロイドです。
 
 
 

ロコイドはそこまで強くない

お医者さんから処方されたロコイドですが、ステロイドの中でロコイドは強いステロイドには分類されません
 
ステロイドは基本的に5段階で別れるのですが、ロコイドは下から二番目の強さで全体的に見ると『普通』な強さのステロイドです。

他にもキンダベートなどもロコイドと同じぐらいの強さですね。
 
 

ロコイドの副作用は?

ステロイドは効果が強いほうが副作用が強く出るので、ロコイド自体の副作用は強力なステロイドに比べると弱めという感じです。
 
ただロコイドに副作用がないというわけではありません。
ロコイドの副作用としては以下のものが挙げられます。

乾皮様皮膚炎
皮膚の皮脂が少なくなって水分が皮膚から抜けていってしまう症状です。
またそれによって炎症につながります。
 
そう痒感
ムズムズして痒く感じる症状です。
 
毛包炎
感染症の一つで、毛の根元に白いニキビのようなものができます。

発赤
皮膚が赤くなる症状です

刺激感
ピリピリとした感覚です。
 
 

副作用だけで怖がらないで!

副作用の一覧を見てしまうと正直使いたくない!と思ってしまうかもしれませんが、絶対に副作用が出るわけでもありませんし、何よりもそれを使うメリットのほうが大きいということでもあります。
 
アトピーにしても乳児湿疹にしても、そのまま放置し続けるというわけにもいきませんし、ひどくなれば強力なステロイドを使わないといけなくなる場合もあるでしょう。 
 
赤ちゃんのことを考えても早めにロコイドで症状を抑えてあげたほうが赤ちゃんのためにもなりますよね。
 
 

副作用をおこさせないために

ロコイドの副作用は絶対におこるわけじゃないです。
 
肌トラブルをおさえられるといっても副作用が出てしまったら大変ですから、できるだけ副作用がおこらないように塗っていきましょう。
 
とはいってもママがすることはそんなに難しくないです。それは『お医者さんの指示を守る』ということ。
当たり前のようですがこれができていないママは結構います。
 
お医者さんから「○○な時、△△な時に塗ってください」と言われているのにもかかわらず、「やっぱりロコイド怖いし塗らないでおこう」みたいな勝手な判断で塗るのをやめてしまうパターンですね。
 
 
ロコイドをどれだけの量、どれだけの期間塗るのかというのはお医者さんが調整していますので、それをママが崩してしまったらそりゃ副作用等がでてもしょうがないです。
 
途中でステロイドを使うのが怖くなったとか、よくわからない症状が出た!という時にはきちんとお医者さんに相談してください。
 
 
 

ステロイドを使いながらも保湿は忘れずに

赤ちゃんの肌トラブルにもよりますが、赤ちゃんの肌はとっても乾燥しやすいので肌を守るためにも保湿をする必要があります。
 
ロコイドを処方された時に一緒に保湿剤も出されなかったでしょうか。
もし出されていないなら、市販のものをつかって保湿をしてあげてください。
 
病院のものでも市販のものでも赤ちゃんに合っていないと意味がありませんから、赤ちゃんの肌にしっかりと支えるものを選びましょう。
 
>>赤ちゃんにおすすめの保湿剤ランキングはこちら
 
 
 


関連記事

Pocket