赤ちゃんにステロイドを使う時に怖いのが一つは副作用
そしてもう一つがリバウンドです。
 
リバウンドというと、いちばん身近なのがダイエットのやつですよね。
ダイエットをして痩せたけども、その反動で以前よりも太ってしまうという現象です。
 
 
ステロイドは肌トラブルの症状をすぐに抑えることができますから、その分メリットも大きいわけです。ただリバウンドのことを考えると本当にステロイド使用が正しいことなのか迷います。
 
 
 

リバウンドが起こる可能性は否定できない

リバウンドなんてありませんよ!安心してください!と言えればいいのですが、残念ながら本当にステロイドにはリバウンドがあります。
 
ステロイドを長期的に使うと、ステロイドが炎症を抑えてくれるので、その分体内で作られている炎症を抑える成分が減少します。それによりアトピーとかの症状を抑えられるわけです。
 
 
ですが、ここでステロイドの使用をやめたらどうなるでしょうか。
 
炎症を抑える成分が減少したままなわけですから、次に出てくる炎症を止めることができないため、ステロイドを塗る前よりもひどく悪化してしまうんです。
 
これが赤ちゃんの肌に起こるリバウンドですね。
 
 

危険な情報に騙されない

ステロイドについてのリバウンドを起こして待った時に、「好転反応です!」とか「いい調子ですね!もう少し我慢してステロイドが抜ければ良くなります」なんて嘘をあなたが言ってくる人もいます。
 
リバウンドを起こしている時点で正しくステロイドをやめられていませんしそこから色々な怪しい情報へ誘導される可能性もあります。
 
ステロイドを突然いきなりやめたりすればそりゃリバウンドは起こりますよ。
自分自身の判断や怪しい情報を鵜呑みにしてステロイドを突然やめるなどは絶対にNGです。
 
 

リバウンドを起こさないために

リバウンドを起こさないようにするためには、正しくステロイドを辞める必要があります。
 
その方法は適当な会社の人や、怪しい民間療法を推奨している人に教えてもらうのではなく、きちんとそのステロイドを処方してくれたお医者さんの指示に従って起こってください。
 
 
ステロイドはきちんと正しい使い方をしないと副作用もリバウンドも起こしてしまいます。使う上でキチンと言われたとおりに使いましょう。
 
 
 

肌の保湿を忘れずに

何が原因でステロイドを使うのかにもよりますが、ステロイドを処方されたのなら肌の保湿のことも言われませんでしたか?
 
アトピーや乳児湿疹の場合、保湿をして肌のバリア機能を正常に機能するようにしてあげないといけませんん。乾燥している状態だとバリアがうまく動かないので外からの刺激をたくさん受けてしまいます。
 
またそういう時に皮膚から入ったアレルゲンが原因でその物質に対してアレルギーを持ってしまうということも最近発見されました。
 
 
きちんと肌を守れるものならなんでもいいですが、当サイトのおすすめはファムズベビーです。
 
結構有名ですし、色々なところで売っていたりするのでご存知かもしれませんがやっぱりファムズベビーは安心してぬれますよ。最初はムースってどうなの!?!?って思ってましたけど・・・笑
 
>>ファムズベビーを使ってみた感想はこちら
 
 
 


関連記事

Pocket