木酢液って正直日常生活を送っている中ではあまり耳にしないものです。
 
大変な赤ちゃんのアトピーが少しでも良くなってくれるのならなんでも使ってあげたいという気持ちがある反面、やっぱりあまり馴染みのない木酢酢というものをつかっていいのだろうかという不安もありますよね。
 
治ってくれればうれしいですが、もし木酢液によって赤ちゃんのアトピーが悪化してしまったら?そう考えると使うのが怖くなってしまいます。
 
 
木酢液は木材を焼いた時に出る煙から作られる液体ですので、オーガニックかもしれませんが肌へどのような影響があるのか気になるところです。
 
 
 

木酢液でアトピーがよくなるという話

木酢液を使うと赤ちゃんのアトピーがきれいになった!という話を目にします。
 
基本的な使い方としては、木酢液をお風呂に入れて入浴剤として使う方法。これをすることによってアトピーが治った!という人がいるようです。

赤ちゃんのアトピー以外にも色々な効果があるとされています。
 
 

実は注意な木酢液

「赤ちゃんのアトピーが木酢酢で治った!」という情報を見ると、今の痛々しい状況を脱したいと思い使ってみたい気持ちになります。
 
やっぱりアトピーの状態で苦しむ赤ちゃんを見るのほど辛いものはありませんからね。自分で自分の非婦を傷つけて苦しんでいる様子は本当に見ていられません。
 
 
木酢液は殺菌とかの効果がいい!とされているわけですが実際に医薬品としてその効能がみとめられているわけではないんです。
 
つまりその効果は医学的に保証されていないという事になります。例えば病院で出されるものなら医薬品として認められているわけで効果が確かなものがほとんどなんですが、木酢酢はそうではないんです。
 
 

使うなら医師に相談

木酢液を使うかどうかの判断は結局のところアナタ次第です。
木酢液という医学的には効果がはっきりしていないよくわからないものを使うかどうか。その判断は難しいでしょう。
 
木酢液自体を批判するわけではありません。
ただ、本当に安心して使えるものを使ったほうがあなたの精神的にもいいのではないでしょうか。
 
 
もしあなたがそれでも木酢液を使う!と考えたのならまずは医師に相談してみましょう。お医者さんがGOサインをだしたらなら大丈夫でしょうが、NOを出されたら使わないほうがいいです。
 
お医者さんによっても意見は違う場合がありますが、自分自身の自己判断で適当に処置をして悪化させてしまうよりかは何倍もマシのはず。
 
 
治らないアトピーを見てなんでもいいから使って直してあげたいという気持ちは痛いほどわかりますが、落ち着いて考えてから使うようにしましょう。
  
 
 

入浴に使うならベッビー用の入浴剤

ベビー用の入浴剤の方が、肌に優しい成分だったり保湿のことを考えているのでアトピーの入浴剤として使うのならおすすめです。木酢液を使うのならな話でけどね。 
 
そもそも赤ちゃんのアトピーに入浴剤は必要なのかというのはあります。
実際赤ちゃんのアトピーのために使っているという家庭もありますから、使ってみての判断が一番かと。
 
有名なベビー入浴剤ならお肌への影響に関しても安心して使えますからね。
 
 

アトピーなら入浴剤より保湿が大事

木酢液をはじめそういったものを使ったり入浴剤でアトピーをケアする前にきちんとお肌の保湿を見直したほうがいいでしょう。
 
病院でも言われたと思いますが、アトピーならしっかりと保湿をするべきです。
 
保湿をする回数を増やしたり、保湿をする時に塗る量をかえてみるなど見直すところは色々ありますよね。また、使う保湿剤も重要です。
>>アトピーの赤ちゃんにおすすめの保湿剤ランキングはこちら
 
ちゃんと赤ちゃんの肌が潤うものを使わないと何回塗っても意味はありません。あなたはちゃんと赤ちゃんの肌を保湿できていますか?

保湿をすればアトピーが治るというわけではありませんが、アトピーにおいて保湿の重要度はかなり高いです。すでにあなたも色々と辛い状況だとは思いますが赤ちゃんのためにもうちょっとだけ頑張ってあげてください。
 
 
 


関連記事

Pocket