アトピーはかゆみがひどいので、夜中でもそのかゆみに反応して夜中でも起きてしまいます。蚊に刺された程度のかゆみなら全然平気ですが、強いかゆみって本当に辛いんでせよね。
 
赤ちゃんが寝ないでかきむしり泣いていると当然あなたも起きないといけないわけなので、睡眠時間もかなり減ってきているのではないでしょうか。
  
 
寝不足というのは本当に体調を悪くさせますから、普段のアトピーとのストレスも含めて結構辛いはず。
 
ねれないからと行って睡眠導入剤なんて物を使うわけにもいかないですからね。
 
 
 

寝ないのはやっぱりかゆいから

赤ちゃんが寝ないのはやっぱりかゆいからなんです。
かゆいから起きちゃうし泣いちゃうわけで、掻き壊してしまっているのならそれの痛みもあるでしょう。
 
あなたもねれない辛さがあると思いますが、赤ちゃんもかなり辛い思いをしています。だからこそ赤ちゃんのためにも自分自身のためにもどうにかしないといけません。
 
 
赤ちゃんが寝ないだけでなく、かゆみを放置していれば赤ちゃんのアトピーはどんどんひどくなっていきますから、そういう意味でもかゆみは押さえないといけませんね。
 
 

やっぱり寝不足は生活の質が落ちる

あなた自身赤ちゃんがアトピーのせいで寝ないとなると寝不足になりますよね。
 
寝不足ってとにかくイライラしますし、ストレスも含めて頭が回らないことも多くなってきます。

旦那さんをはじめ周りの人に当たり散らしたりし始めちゃうと人間関係が終わってしまう原因にもなるでしょう。相手が悪くないのに不機嫌のせいで相手にあたってしまったら相手を傷つける事になります。
 
 
また、寝不足による不注意も怖いところ。
赤ちゃんをベッドから落としてしまったり、何かをこぼしてしまうなど取り返しのつかないことになる可能性もあります。
 
 
 

とりあえず痒みを抑えるには?

痒みを抑える方法としては、一つは薬で抑えること。
症状がひどいようならステロイドをつかったりかゆみ止めを使って症状を抑える事になります。
 
アトピーに使う薬はお医者さんから処方されたものを正しい使い方で使ってくださいね。
 
また、薬を処方されていないor薬じゃない方法となると冷やすのが一般的です。
 
 

冷やすのは結構効果あり

かゆみは冷やすと結構静まります。逆に暑いとひどくなります。
この性質から、赤ちゃんがかゆみを感じているところを保冷剤等で冷やしてあげたりすると結構かゆみは押さえられます。
 
また、寝かせる時にあまり熱すぎないようにしましょう。あまりにも寒すぎるのはよくないですからそこか室温も考えて調整してください。
 
 
夜かゆみで起きちゃうのを繰り返すと、生活リズムが崩れてしまいます。
夜起きたり寝ないというリズムになってしまうので、お昼寝の時間だったりと合わせてリズムを整えていくといくといいかと。
 
 
 

アトピーは保湿をしっかりと

赤ちゃんのアトピーにとって皮膚を保湿してあげることはかなり大切です。
 
乾燥している状態だと皮膚のバリア機能が正常に動かなくなるので、外からの様々な刺激に赤ちゃんの肌はどんどんダメージを受けてしまいます。
  
なので、きちんと毎日こまめに保湿をしてあげてください。保湿をすれば治るわけでないですが、赤ちゃんの肌を守ることにはつながります
 
 
使う保湿剤は、赤ちゃんに合っていてちゃんと保湿が出てきているのならなんでもOKです。
 
赤ちゃんに合っていないといくら保湿しても意味がないですし、場合によっては保湿剤せいで荒れているということもありますから・・・。
 
市販の保湿剤のおすすめはこちらで紹介していますので是非参考にしてください。

>>アトピーの赤ちゃんにおすすめの市販保湿剤ランキングはこちら


 
 
 


関連記事

Pocket