アトピーのための薬を使うのが怖い!使いたくない!となってくるとあとは漢方という事になってきます。
 
漢方はいいものってよく聞きますし、探すと赤ちゃんのアトピーに使っているという人も少なくありません。

赤ちゃんのアトピーを見るとすぐに直してあげたいという気持ちが強くなってきますが、かといって悪化してしまう可能性があるものをつかうわけには行きません。
 
赤ちゃんの辛いアトピーは漢方で良くなってくれるのでしょうか。
 
 
 

アトピーに漢方で効果があることも

漢方自体は確かに効果がある可能性もあります。
ただこれは可能性の話なので、医学的な面でみたらわかりません。きちんと効果が解明されているものなら大丈夫でしょうけどね。

なので、漢方を使う場合はきちんとお医者さんに相談して漢方を使いたい事などを話してから動いてください。
 
あなたが自分自身の判断で適当に漢方を揃えたり、怪しい業者から購入して使うのは逆にアトピーを悪化させてしまうことにもつながります。
 
 

漢方は基本的に保険外

ちなみに漢方はステロイドやヒルドイドなどとは違い基本的に保険が適用されません。
 
そのため10割あなた負担することになりますから費用としては結構高くなります。漢方も値段がピンきりなので高い安いは言えませんが、その辺は頭の隅においておいてください。
 
漢方だって一回使えば治るものではありませんから継続的につかっていくことにあるでしょうしね。
 
 

悪化してしまうケースもある

漢方といえども医薬品ではありませんし、場合によってはアトピーの症状が悪くなってしまうこともあります。
 
お医者さんから漢方を処方されているのならば安心して使っていいんですが、それ以外の場合はあまりおすすめしません。
 
漢方自体が悪いというわけではありませんし、色々な病から体を助けてくれるすごいものだとは思うのですが、赤ちゃんにすぐ使うのはちょっと考えたほうがいいでしょう。 
 
 
 

漢方だけでなくいろんなアトピーケアも

漢方を使う使わないにしてもお肌のケアはアトピーにとって大切です。
 
ステロイドを使って炎症を抑えることで、これ以上悪化させないようにすることができるわけですが、それ以外に大切なのがお肌の保湿
 
 
肌をしっかりと保湿してあげないと赤ちゃんの皮膚はどんどんダメージを受けてしまいます。

アトピー体質のため普通よりも皮膚が弱い状態。赤ちゃんを守るためにもあなたが毎日きちんと保湿をして赤ちゃんを守ってあげてください。
>>アトピーの子におすすめの保湿剤ランキングはこちら
 
 
 


関連記事

Pocket