赤ちゃんのアトピーは、結構ひどくなりますから、ステロイドを使う場合が多いです。実際ステロイドを使って症状を抑えてしまったほうが悪化するのを防げますからね。
 
ただ、ステロイドは結構良くない噂がありますから、使いたくないなって気持ちもあるはずです。
「ステロイドは悪!」というような記事とかニュースなんかもあります。
 
 
ステロイドを使わないとなると非ステロイド系の薬で症状を抑えるしかないです。保湿剤は薬ではないので、強制的に症状を抑えるということはできませんから。
 
 
 

ステロイドは怖いから非ステロイド剤

非ステロイド軟膏はステロイドを含んでいない抗炎症剤、免疫抑制剤ということになるのですが、実際にステロイドをどうしても使いたくない!という場合、非ステロイドを使う人はいます。

タクロリムス軟膏とNSAIDsなどが非ステロイドに当たりますね。
 
こういった非ステロイド系の薬もお医者さんで処方してもらいます。
症状、お医者さんの判断によるでしょうが、ステロイドを使いたくない旨を伝えてお医者さんがOKしたら処方してくれるでしょう。

非ステロイドは副作用が弱いけど…

非ステロイド系の薬は全体的にステロイドに比べて副作用が少ないです。
 
ただ、効果という面で見るとステロイドに劣ってしまう物が多いのも事実(中には強いのもありますが)。
ステロイドを使いつつ様子を見て非ステロイドに切り替えていくなんて使われ方もされていますね。
 
 
非ステロイドだけで治すとなると軽度ならばいいですが、ある程度重度のアトピーとなると厳しいでしょう。
 
 

ステロイドを使うのも大事

ステロイドが怖いということで非ステロイドという判断だと思いますが、ステロイドを使ったほうがいい時はステロイドを使うべきでしょう。
 
非ステロイドを使ってアトピーがよくな買った時一番苦しむのは赤ちゃんです。副作用がある!というのもどうやってつかったら副作用がおこるのかというのをしっかり理解していますか?
 
なんとなく『ステロイドはやばい』という印象でステロイドを怖がっていませんか?
そういうあなたの判断で最後に苦しむのはあなたのその赤ちゃんということは覚えておいてください。
 
 
ステロイドは医師の指示のもと使います。
医師じゃない人からの余計なアドバイスは無視していいです。中には怪しい情報も多いですから。
 
副作用やリバウンドがおこらないようにきちんとお医者さんに教えてもらった方法、塗る量、塗る期間を守って塗ってあげてください。
 
 
 

アトピーのケアに必要な保湿はどうしたらいい?

アトピーケアのためには、症状を薬で抑えるのも大事ですが、保湿も非常に大切になってきます。
 
赤ちゃんの肌はアトピーにかぎらず乾燥肌ですから、保湿をして皮膚に水分を保って上げる必要があるんです。
 
あなたはしっかりと保湿できていますか?
保湿は、ただ保湿剤をぬっただけではだめです。
 
ちゃんと赤ちゃんの肌が潤っていないと保湿したということになりません。
 
 
保湿は毎日やってあげるのはもちろんなんですが、夜だけじゃなくて日中とかにもやってあげたほうが肌の感想にはいいですね。
 
保湿剤については、肌に優しいことを前提に、赤ちゃんが使っても荒れないこととちゃんと皮膚が潤うものを選んであげてください。
 
>>市販のアトピーにおすすめの保湿剤ランキングはこちら
 
 
 


関連記事

Pocket