アトピーの子の皮膚は、とってもデリケートな状態になっています。
 
乾燥によって皮膚のバリア機能が低下しているので外からの刺激に対して敏感な状態なんです。
 
アトピーの赤ちゃんとなるとやっぱりそういう服も大切になってきますよね。毎日着ているものですから刺激があるものだと赤ちゃんの肌も傷ついちゃいますから・・・。
 
 
 

肌着は綿素材が安定

肌着の素材は色々あるわけですが、基本的には綿素材が安定です。
ナイロンやポリエステルなどは化学繊維はあまり良くないと言われいて、やっぱり肌触りが大切になってきます。 
 
それこそシルクの肌着!なんてのが使えればいいんですがシルク自体かなり高いですし、手軽に手に入らないですからね。

また、素材ではないんですが、縫い目が辛いということもあるみたいななので裏返しに来たりするのがいいこともあります。様子を見て調整しましょう。
  
 

どの肌着を買うべき?

最近の肌着は基本的に赤ちゃんの肌に優しいものになっているのがほとんどなので、そこまで血眼になって探すということはないとは思いますが、木綿コットン100%がのを探しましょう。
 
触り心地の良さはもちろんのこと、通気性がいいのもポイントです。あせもの予防になるのはもちろんのこと、アトピーは熱がこもるとかゆみがひどくなるので通気性がいいというのは大事なポイントです。
 
 
麻は素材的にはいいんですけど、肌への摩擦が多いのがちょっと心配なところですね。
 
 

洗濯洗剤なども関係してくる

綿の肌着を使うのがとりあえずはいいんですが、何度も何度も洗濯をしていると当然触り心地も悪くなってきます。
 
使っているうちは気づかないんですが、新品との触り心地を比べるとその違いがすぐにわかりますよね。
 
洗濯洗剤を変えたりするのも大事ですが、肌触りがひどくなったものに関しては新しいのに替えたほうがいいでしょう。
>>アトピーの赤ちゃんは洗濯洗剤どうしたらいいの?
 
 
  

アトピーは保湿をしっかりと

赤ちゃんのアトピーにとって皮膚を保湿してあげることはかなり大切です。
 
乾燥している状態だと皮膚のバリア機能が正常に動かなくなるので、外からの様々な刺激に赤ちゃんの肌はどんどんダメージを受けてしまいます。
  
なので、きちんと毎日こまめに保湿をしてあげてください。保湿をすれば治るわけでないですが、赤ちゃんの肌を守ることにはつながります
 
 
使う保湿剤は、赤ちゃんに合っていてちゃんと保湿が出てきているのならなんでもOKです。
 
赤ちゃんに合っていないといくら保湿しても意味がないですし、場合によっては保湿剤せいで荒れているということもありますから・・・。
 
市販の保湿剤のおすすめはこちらで紹介していますので是非参考にしてください。

>>アトピーの赤ちゃんにおすすめの市販保湿剤ランキングはこちら


 
 
 


関連記事

Pocket