私達が日常的に使っている水道水には、基本的に塩素が含まれています。まあ一部の人は湧き水、温泉なんて人もいますけど。
 
塩素は水を消毒するために必要なもので、むしろ塩素がはいっていないと雑菌などが繁殖して危険な水になってしまいます。
 
 
そんないい面が多い塩素ですが、どうやらアトピーを悪化させているのではないか。という話もあるんですよね。
 
消毒関係はどうしても体への影響があることもありますしお風呂をはじめ毎日つかうものですからもしアトピー悪化の原因になっているとしたらどうにかする必要があります。 
 
 
 

塩素は大事だけど、肌への負担は・・・

塩素が肌へ負担があると言われているわけですが、塩素自体の量がということはありません。WHO(世界保健機関)の規則を守っていますから量的には大丈夫。
 
塩素が赤ちゃんの皮膚に影響を及ぼしているという正式なデータがないので、塩素をどうにかすればアトピーがよくなるとは限りません。
 
 
ただ、試してみる価値はあるのではないでしょうか。井戸水を使うとか湧き水を使うのだとさすがに雑菌なども心配ですから、塩素除去グッズを使うのが手っ取り早いです。
 
 

塩素除去の方法

・ビタミンCをお湯に入れる
ビタミンCは入れてすぐ効果があるわけじゃないので、浴槽なら一時間前ぐらいにはやっておきたい
※ビタミンCを入れて塩素を中和する強酸性になるのでそれが原因で肌荒れるケースも
・お風呂のカルキ抜きセラミックボールを使う
・汲み置き
 塩素は時間で抜けるからおいておく
・浄水器
・煮沸

塩素自体は、水を消毒してくれているので大事なものなので、何でもかんでも塩素を抜けばいいわけではありませんし、長時間その水を放置して使うのも衛生的に良くないです。
 
もともと塩素は長時間おいておくと自然に抜けていってしまいますが、より簡単に塩素を除去しつつそのお湯を使うとなれば浄水器が一番でしょう。
 
 

おすすめはシャワーヘッド浄水器

どこで使うのかにもよりますが、赤ちゃんがお風呂に入る時に塩素を除去したいというのならばシャワーヘッドを交換しましょう。
 
シャワーヘッドを専用の浄水器付きのものに入れ替えるだけなので一番簡単かつ安全に塩素を除去することができます。
ビタミンCを入れる方法のように皮膚に刺激があるということもないですからね。
 
ただし、浄水器自体のカートリッジは定期的に交換が必要となります。結構そのままつけっぱなしという家庭が多いので、カレンダーに書くなりしてわすれないようにしてください。
 
 
シャワーヘッドの種類は色々ありますが、フィルター系の塩素除去が一番おすすめです。
サッと購入してシャワーヘッドを交換するだけですから、お店で売っていればすぐにでもできるので、やってみる価値はあるでしょう。
 
もちろんやっても特に変わらないということもあるでしょうし、安全性などを考えてお医者さんと相談してからおこなってください。
 
 
 

アトピーは保湿をしっかりと

赤ちゃんのアトピーにとって皮膚を保湿してあげることはかなり大切です。
 
乾燥している状態だと皮膚のバリア機能が正常に動かなくなるので、外からの様々な刺激に赤ちゃんの肌はどんどんダメージを受けてしまいます。
  
なので、きちんと毎日こまめに保湿をしてあげてください。保湿をすれば治るわけでないですが、赤ちゃんの肌を守ることにはつながります
 
 
使う保湿剤は、赤ちゃんに合っていてちゃんと保湿が出てきているのならなんでもOKです。
 
赤ちゃんに合っていないといくら保湿しても意味がないですし、場合によっては保湿剤せいで荒れているということもありますから・・・。
 
市販の保湿剤のおすすめはこちらで紹介していますので是非参考にしてください。

>>アトピーの赤ちゃんにおすすめの市販保湿剤ランキングはこちら


 
 
 


関連記事

Pocket