ただでさえ初めての赤ちゃんだとわからないことだらけ。
病院のことだったり、予防接種だったり各種手続きだったり、周りの人との関係だったり色々とてんやわんやの上さらに肌のトラブル・・・。
 
自分自身のことだったら多少適当に対策したりできるんですが、赤ちゃんのこととなるとさすがに適当にはできませんからね。
 
そして極めつけはアトピーの症状。
程度の差はありますが、見ているだけでも痛々しいいほど。赤ちゃんも痒がっています。
 
 
どうすればいいのか。何をすればアトピーが良くなって赤ちゃんも楽になるのか。そればっかりを考えますよね。
 
アトピーはいまだにわかっていない部分が多いため、確実に治せる方法もありません。ではどうすればいいのでしょうか。
  
 
 

怪しいアトピーケアに注意

色々調べたりして自分でもよくわからなくなってしまったら、とりあえず頭の中を整理するのが大切です。

身の回りのアレルゲンとなりそうなものに気をつけるとか色々ありますが、私としてはまず「怪しいアトピーケアに注意」ということをすすめます。
 
アトピーのケアについて調べていると色々出てくるわけで、医学的な根拠があるものに関しては問題ないのですが、明らかな民間療法的なものもあります。
 
「この方法で治った!」というアトピー患者もいますが、それが本当に正しいのかはわかりません。
例えば、この保湿クリームを使ったら良くなった!という意見の場合、アトピーに保湿が大事なのは当たり前なので信憑性がありますが、アトピーは毒なので、○○という薬で毒を出して~みたいになってくると明らかに怪しいですよね。

怪しいアトピーワードとしては、
・好転反応
・毒
・気
とかこういうのをかいてあるものは気をつけたほうがいいです。
中には霊がーなんてものもあるくらいで、もうハチャメチャです。
 
これに騙されてお金を取られるだけでなく、アトピーが悪化するなんて事になったら最悪ですので、こういうものには注意してください。
 
そしてそういう情報を入れないようにしましょう。
 
 

アトピーについてはとにかく医師に相談

アトピーについてどうしたらいいのかわからないことはとにかく医師に相談しましょう。

医学的にきちんとアトピーの処置を教えてくれるはずです。
ただ、注意点としては医師もすべてが同じような診察をするわけではないということ。
 
正直なところお粗末な診察をする医師がいるのも確かです。それを見抜ければいいのですが難しいですからね・・・。
 
いつものかかりつけ医でもいいですし、よくならないようなら他のお医者さんだったり皮膚科医に見てもらうなどして少しずつケアしていきましょう。
 
 
 

アトピー肌の保湿は忘れずに

アトピー肌はかなり乾燥してしまうので、バリア機能が正常に作れません。

なので、きちんと保湿をしてあげることがアトピーケアのための重要項目です。もちろん保湿だけじゃなくてステロイドを使ったりもしますけどね。そこはお医者さんとの相談でしょう。
 
保湿剤は薬じゃないのでアトピーを絶対治せるものではありませんが、保湿するということとはアトピーにかぎらず赤ちゃんにとっては必要なことですよね。
 
 
保湿としっても赤ちゃんの肌をちゃんにちゃんと潤いを与えてくれるものじゃないと意味がないです。
 
あなたも普段スキンケアしていてわかると思いますが人それぞれ合う合わないものがありますからね。中には保湿剤の成分が原因で荒れてしまうということもあるので、結構重要なところです。
 
 
大事なのはあなたの赤ちゃんに合うものを使ってあげることです。それを見つけてあげてください。
 
>>赤ちゃんのアトピーにおすすめの保湿剤についてはこちら
 
 
 


関連記事

Pocket