アトピーは生後3ヶ月ぐらいからその症状がでてくると言われています。
まあ個人差なのでもっと早い子もいますけどね。
 
アトピーというと、すっごい症状がひどくなって精神的にも辛く大変な病気というイメージがあります。実際大人になってもアトピーに悩んでいる人は多いですし、赤ちゃんのアトピーのことで「考えてはいけないこと」まで考えてしまうほど追い詰められるママもいます。
 
 
そんなアトピーは、きちんときれいに治るのでしょうか。
 
 
 

アトピーは徐々に治ります

生後3ヶ月というと、乾燥によって起こる湿疹もどんどん出てくる時期です。正直なところこの時期ぐらいってアトピーか乳児湿疹かお医者さんも判断にこまる時期なんですよね。
 
もしかすると、アトピーだけじゃんかうて乳児湿疹とアトピーの両方が出ているかもしれませんね。
 
 

すぐに治るものではない

現在生後3ヶ月とのことですが、ぶっちゃけアトピーはすぐに治るというわけじゃないです。
 
なんでかというとlアトピーは他の肌トラブルと違って体質によるものだからです。「アトピーは遺伝する」というのを聞いたことありません?
 
体質のため、すぐによくなるということが難しいんです。なのですぐ治らないからといって落ち込まないでください。毎日一歩一歩アトピーケアをしていってあげましょう。
 
 
生後3ヶ月はまだまだ肌が弱い状態です。
それは赤ちゃんにとっては仕方ないことですから、ママ・パパがしっかりとまもってあげないといけません。
 
 
 

治るようするためにはアトピーのケアが大事

お医者さんの指示に従って!

生後3ヶ月でアトピーになっているということがわかっているということは、すでに病院でお医者さんに書状は見せていますよね。
 
ということはどうしたらいいのかと言うのを聞いているはずです。その診察結果はお医者さんによって違いますからなんとも言えませんが、基本的にはそれに従ってください。
 
生後3ヶ月現在の肌の状況だったり赤ちゃんの様子を見て診断されているわけですから、あなたのお子さんにあったケアのはずです。
 
 

生後3ヶ月なら保湿もかなり重要

生後3ヶ月ぐらいって、赤ちゃんの肌がそれまでよりも乾燥し始める時期でもあるんです。
 
生まれてすぐは皮脂がたくさん出ているので、逆に新生児にきびをおこしてしまったりするぐらいなんですが、三ヶ月ぐらいを堺にその皮脂があまりでなくなるんです。 
 
皮脂が出ないと今度は乾燥が始まるわけで、乾燥はアトピーにとっても天敵。
アトピーの肌は乾燥しがちで肌のバリア機能を貼れないため色々な外の刺激をうけてしまうんです。
 
そして肌からアレルゲンが入っていき・・・ということですね。
 
 
アトピーである以前に生後3ヶ月からは本当に乾燥に気をつけるべしと言った感じでしょう。
 
保湿製品は色々ありますが、私のおすすめはファムズベビーです。
 
普通の保湿剤とはちょっと違うので、最初はどうなの?と思うかもしれませんが使ってみればわかる製品です。赤ちゃんの肌を文字通り守ってくれるので安心です。
 
>>ファムズベビーのレビュー記事はこちら
 
 
 


関連記事

Pocket