atopi
赤ちゃんにアトピーが出る際、一番起こりやすい食材が卵だといわれています。
まあ牛乳とかいろいろありますが、卵に反応してしまう子が多いですね。

母乳はお母さんが食べたものが、栄養としてでますから母乳で育てていればそれがアトピーとして出ている可能性があります。

とはいってもアトピー自体かなり難しくお医者さんでも意見や診断が違うことも多いです。
 
 

卵はアトピーを引き起こしやすいアレルゲンTOP1

母乳への栄養はかなり低い?

アトピーというのは、その年齢によって原因が違うといわれています。

おそらくあなたのお子さんは0歳児だと思いますが、0歳の赤ちゃんがアトピーを起こすのは『食物アレルギー』です。

その後成長していくつれて、ホコリなどのハウスダストや犬や猫とかになっていくんですけどね。

つまり母乳が原因ということになります。
だからこそ、『アトピーなら卵を食べないように!』ということになるわけですね。
 
 
ですが、一方で『ママが食べたものが母乳に出るのはごくわずか』とも言われています。

ママが卵を食べてから数時間後に母乳に出てくるわけですが、その量はかなり微量。
アトピーも出にくいですし、出てもひどくならないという意見もあります。
 
 

食べなければ治るの?

アトピーの原因となっている卵を食べなければよくなることが多いですが、そうならないケースも。

アトピーを絶対に治すことができる方法という方法は今のところないのでしょう。

症状とかがかなりつらいことので、色んな方法とかにすがりたくなってしまいますが、そういうときこそしっかりと方法を見極めないとよりひどいことになってしまいます。
(中にはオカルトチックな霊能力でアトピーを治す!なんてのも・・・)
 
 
 

母乳への影響を考えると卵は食べないほうがいい?

卵を食べることによって母乳にそれが行き、赤ちゃんにアトピーの症状を引き起こしてしまう。

基本的には卵は食べないほうがいいでしょう。
 
 
アトピーとなるとそのアレルゲンを探すことになるのですが、卵が陽性だった場合即除去しないとダメと思われがちですが、実際食べてみると全然症状が出ないなんてケースもあります。
 
 
ただし、自分で色々と判断してしまうのは非常に危険!

アトピーを知識がない状態で適当に処置してしまうとよりひどくなってしまうことがあります。
その結果、一番つらいのは赤ちゃんですからね。
 
 
きちんとお医者さんと相談して、卵をたべていいのかや母乳の問題について相談することをおすすめします。
 
 
 

アトピー時のお肌のケアも!

アトピーの症状を起こしてしまっている赤ちゃんは、肌がかなり乾燥して弱ってしまっていることが多いです。

肌は乾燥するとバリア機能が衰えて、肌がどんどん悪くなっていきます。

卵を食べないなどの食事面でのケアももちろんですが、きちんと肌の保湿もしてあげてください。
>>アトピーにもおすすめの保湿クリームを見る
 
 
 

関連記事

赤ちゃんが保湿剤を嫌がる時はこうやって塗ろう!
これからの冬の時期!赤ちゃんは何に気を付ける?
赤ちゃんの冬の服装はあせもに注意!

Pocket