あせもはしっかりと対策しましょう!

jale
 
赤ちゃんのあせもといえば、悩む方が多い肌トラブルの一つでもあります。

赤ちゃんはあんなに小さいのに汗腺の数は大人と同じ数ありますし、さらには新陳代謝が激しいためかなり汗をかいてしまいます。
そしてその汗が原因であせもが出来てしまうわけです。

あせもはそのままにしておけば、かゆみを生じて赤ちゃんも辛いでしょうし、ひっかいて傷を作ってしまうかもしれません。
しっかりとあせもを対策して健康な肌を育てましょう!
 
 
 

あせも対策の3つの方法

 

汗をかいたらしっかりと拭く!

ae
 
あせもというのは、汗が原因で起こってしまうわけですからまずは汗をしっかりと拭くことから始めましょう。

赤ちゃんは汗っかきですから、暑い日だったり服を着せすぎたりするとすぐに汗をかいてしまいます。
そのため正直こまめに汗を拭くというのは大変でもあるんですが、出来る限り頑張りましょう。

汗の拭き方は濡れたガーゼなどでポンポンと拭いてあげてください。
大人ですと普通にぬぐうように汗を拭きますが、肌が弱い赤ちゃんにそれをすると肌を傷つけてしまう可能性があります。

また、結構汗をかいているのならばシャワーを軽く浴びさせるというのも手ですね。
ただ何度もやると赤ちゃんが疲れてしまう可能性もありますから、それほど回数やらないほうがいいでしょう。
 
 

赤ちゃんに服を着せすぎない!

leeee
 
汗をかくということは体温を調節しているということですので、周りが暑いということなんですよね。
赤ちゃんは大人と比べて新陳代謝が高いですし、手足も短いため体温調節もうまくできません。

赤ちゃんに服をたくさん着せすぎていませんか?
赤ちゃんの服装は大人の服装マイナス一枚といわれています。

寒いだろうと着せすぎるとそれが赤ちゃんにとっては暑すぎることになり汗をたくさんかいてしまうわけです。

夏場ならば上はコットンのTシャツ一枚で充分です。
汗を吸わせるために肌着を着せる方も多いですが、重ね着している分どうしても厚くなってしまいますのでおすすめしません。
 
 

保湿であせもが出来にくい肌に!

aebe
 
そして以外と忘れられがちなのですが、実は保湿もあせも対策をするうえでとても大切なんです。

肌は乾燥するとバリア機能が衰えてしまいます。
すると様々な肌トラブルが起こりやすくなってしまうんですが、あせももその一つなんです。

ですのでしっかりと保湿を行ってバリア機能を正常に動かすことであせもを発生しにくくします。
保湿剤自体にあせもを直接治す効果はありませんが、あせもになりにくくするわけですから効果はあるでしょう。
 
 
すでにあせもが出来てしまっているところに保湿剤を使うのは、よくないようにも思えますが、保湿効果があり赤ちゃんの肌に優しい保湿剤ならば悪影響はありません。

さらに汗を拭いてたときに乾燥しやすくなるのも防ぐことができますので、あせもができていても保湿剤を使うことをおすすめします。
 
 
保湿はあせもだけではなく他の肌トラブル対策にも使えますのでしっかり行っておきましょう。
あせものケアにも使うことが出来る保湿剤はこちらのページを参考にしてください。

⇒赤ちゃんにおすすめの保湿剤ランキング
 
 
 


関連記事

Pocket