エアコン多くの家に設置してあるので、使えるのが当たり前ですが、嫌によっては設置されていないこともあります。
また、つけるとしても価格が結構高いですからね・・・。

とはいっても赤ちゃんを育てる上でエアコンはあったほうがいいことにはかわりありません。
 
 
汗をたくさんかくことはあせもにもつながりますし、ずーっと赤ちゃんにかかりっきりになれるならまだしも24時間見ていられるわけではないです。

日中はもちろん寝ている間も汗を拭き続け部屋の温度を調整するというのはかなりつらいです・・・。
 
 
また、問題はあせもだけではなく熱中症や脱水症状などを起こす危険性もあること。

毎年熱中症でなくなる子がいるというのはニュースをみればわかりますし、とっても赤ちゃんに身近な問題です。
 
エアコンを購入するのが一番なんですが、エアコンがない家庭はどうしたらいいのでしょうか。
  
 

エアコンがなくてもできる部屋の冷やし方

エアコンと比べて全然部屋の温度を維持できないですし、あなたのやることが増えてしまいますが、一応応急処置的に部屋の温度を下げる方法を紹介しておきますので、どうしてもエアコンが使えないなら、参考にしてください。
 

換気をする

すっごい手っ取り早い方法ですが、換気をすることによって部屋の中にあるモワっとした熱い空気を外に逃す方法です。

風が吹いていれば、通り抜けるようにまどを開ければかなり部屋の気温も下がるでしょう。
とはいっても毎日風が吹いているわけでもないですし、部屋の形的にうまく換気ができないということもあると思います。
 

そんな時は、窓に向けて扇風機を使ってください。
そうすると部屋の中の空気が外に送られる分、新しい空気が入ってくるので換気することができます。 
 
 

濡れたタオルなどで冷やす

すでに熱中症の対処方法になってしまっている感じですが、赤ちゃんの体を冷やすという方法ですね。

濡れたタオルなどを絞って赤ちゃんの体に当てたり、熱さがひどいようなら保冷剤を使う方法で冷やすこともできます。
保冷剤はそのまま使うと冷たすぎるのでタオルに包んだりしてあててあげてください。

あと、体に当てるといよりも脇の下などに当てることでより冷やすことができます。
 
 

扇風機で冷やす方法

扇風機を直接当てるのはよくないので、扇風機を使って部屋を冷やす方法です。

扇風機をただ使うだけでは意味なので、扇風機の裏に濡れたタオルをかけたり、凍らせたペットボトルをおくことによって冷たい風を送ればそこそこ冷やせます。
 
  
 

エアコンの設置費用は?

ちなみにエアコンの設置費用に関しても調べてみました。
メーカーなどによっても結構違いますが、

6畳までが4~5万円
8畳までが5~8万円
それ以上が10万円ぐらいと考えてください。

また、これに取り付け費用がかかりまして、それが2万とかそのくらいで考えるといいかと。
もちろん多少安くなるところはありますが・・・。
結構な価格ですよね。

一応低価格で購入できるものとして、『窓用エアコン』というものがあります。

窓に取り付けるタイプのエアコンで、価格は4万くらいに抑えられます。
もちろんエアコンに比べてデメリットもあるでしょうが、費用などで本格的なエアコンを取り付けるのが厳しいとなるなら窓用でもいいのではないでしょうか。


 
 
 


関連記事

Pocket