赤ちゃんの首にあせもが出来たときのケア方法!

赤ちゃんの首に出来るあせも

jale
 
あせもというのは首周りや脇の下、膝の裏など関節がある所に発生しやすいんです。

また赤ちゃんの場合体に大きなシワがありますよね。
そこに汗がたまりあせもになる可能性も非常にたかいでしょう。

あせもすぐ出来るものですが、以外と放っておくと厄介なものでもありますのでしっかりとケアしましょう。
 
 

あせもは首に発生しやすい!

赤ちゃんの首大人のようにすらってしていませんよね。

すらっとしていれば熱を逃がすことが出来るのですが、赤ちゃんの場合はそれがうまく出来ないため汗をたくさんかいてしまいます。

もともと赤ちゃんは汗をかきやすいわけですから、たくさん汗をかくでしょう。
そのため首はあせもが非常に発生しやすいところでもあるんです。

あせもはかゆみもありますし、しっかりと対策を行わないと赤ちゃんにとっても辛いですからしっかりとケアしましょう。

 
 

汗を対策してあせもをケア!

汗をかいたらしっかり拭こう!

jkaee
 
赤ちゃんの首のあせもですが、あせもが出来る原因というのは汗なわけですから、まずは汗をしっかりと拭きましょう。

背中や顔の汗というのはすぐに気付きますので拭くことが出来るでしょうが、以外と首周りって拭きわすれたり汗をかいていることに気がつかなかったりするんですよね。

しっかりと汗をチェックして拭くようにしてください。
拭き方などについてはこちらのページで解説しています。
あせもを対策する3つの方法

 
 

エアコンで湿度を調整!

kalee
 
エアコンはよくない!という人もいますが、赤ちゃんに余分な汗をかかせないようにするためにエアコンは必要不可欠です。

赤ちゃんというのは大人と比べて体温調節機能が未熟なため、親が快適な室温を保ってあげる必要があります。
室温の目安としては22℃~25℃くらいです。

夜も25℃以上の気温ならば冷房で25℃未満にしましょう。
昼間は汗をかいてもお母さんがふけるでしょうが、夜になるとそうはいきませんからね。

 
 
 

服装は大人-1枚

aer
 
汗を調節する上で着ている服というのも大切です。
赤ちゃんは暑がりですから、たくさん着せるとすぐに汗をかいてしまいます。

赤ちゃんの手足を触って冷えているから着せるという人がいますが、赤ちゃんの手足が冷たいのは普通のことですのでそこで判断して着せすぎるとあせもになってしまうでしょう。

よくいわれるのが大人の服装-1枚です。
夏はある程度気をつけるでしょうが、冬の服装は着せすぎないようにしましょう。
 
 

保湿であせもを作りにくくしよう

あせもと保湿はそれほど関係ないように思えますが、肌が乾燥してしまっていると肌のバリア機能が弱まりあせもができやすくなってしまうんです。

あせも自体を治すわけではありませんが、今後あせもができづらくするためにも保湿をしておくことをおすすめします。
 
oususe

Pocket

Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.